2008年10月30日

ドラフト

2008年のドラフトが今日行われましたが、岩手球児からの指名はなし。
落胆とともに信じられない気持ちでいっぱいです。
去年までは全指名選手の一覧などを記載していましたが、今年はそんな気分にならず。
しばらくプロ野球の話はしたくないかも・・・。
posted by ティト at 23:54| 岩手 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

プロ野球志望届 提出締め切り

プロ野球志望届の受付が15日に締め切られてしまいました。
佐藤勇次選手(専大北上−東北福祉大)と中井隆盛選手(専大北上)の提出情報は先日記載しましたが、もう1人岩手県関係者の提出がありました。
盛岡一出身で東京学芸大の橋本尚弥選手が、14日に志望届を提出したとのこと。わーい(嬉しい顔)
橋本選手の情報は不覚にもそれほど持ち合わせていない管理人ですが、春季リーグではチームのクリーンナップを務めていた内野手とのことです。
プロ側からの指名を楽しみにしています。野球

冒頭で言ったように志望届の受付はおとといで締め切られてしまったため、本県からの届提出は、佐藤選手、橋本選手、中井選手の3人だけとなりました。
毎年思うのですが、プロ野球選手になりたいと思っている球児の数がこんなに少ないはずがありません。exclamation×2
はっきり言ってプロ野球志望届制度自体に疑問を抱いている管理人です。
まず、届提出者の名前を全国に公表する必要性があるのでしょうか?
全国大会で華々しく活躍した有名選手であれば耐性が多少あるのかもしれませんが、周囲から好奇の目で見られることを望まない選手は大勢いるはず。
プロ側から指名確実と言われる選手ならいざ知らず、そうでない選手にとっては氏名公表が届提出にあたっての足かせになっている可能性があります。
というか管理人が同じ立場であれば絶対に足かせになります(笑)。
多感な若者であればなおさらでしょう。
誰にも平穏な日常生活を追求する権利がありますので、アマチュアの野球連盟の方々におかれましては、個人情報の取り扱いには十分留意していただくようお願いする次第です。
来年からはプロを志望していない選手が届を提出する制度に変えてみてはいかがでしょう?
って毎年同じことを言っていますね(笑)。


佐藤選手、橋本選手、中井選手のプロ野球選手への夢が実現することを祈願しております。ぴかぴか(新しい)
posted by ティト at 22:31| 岩手 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

日本代表 北京五輪進出決定

やりました、日本代表。るんるん
見事な3連勝でアジア最終予選を見事に突破。グッド(上向き矢印)

韓国戦、台湾戦は見ているだけで胃が痛くなるような試合展開でしたね。
成瀬善久投手と涌井秀章投手は、横浜高校時代にセンバツで盛大附に立ちはだかった投手であり、ダルビッシュ有投手は言わずと知れた東北の至宝。ぴかぴか(新しい)
いつにも増して親近感を持ちながら国際試合を見ていました。ひらめき

今日は最高の気分でぐっすり眠れそう。猫

おめでとう 日本代表モータースポーツ
次は金メダルだー。exclamation×2位置情報
posted by ティト at 23:36| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

2007大学生・社会人ドラフト

11月19日に行われた大学生・社会人ドラフトの指名選手一覧を以下に記載します。


セ・リーグ

巨人
1巡目:村田透(大体大)      投手
3巡目:古川祐樹(明治大)     投手
4巡目:加治前竜一(東海大)   外野手

中日
1巡目:山内壮馬(名城大)     投手
3巡目:谷哲也(日立製作所)   内野手

阪神
1巡目:白仁田寛和(福岡大)   投手
3巡目:石川俊介(上武大)     投手
4巡目:黒田祐輔(シャンソン)   投手

横浜
1巡目:小林太志(JR東日本)   投手
3巡目:桑原謙太朗(奈良産業大)  投手

広島
1巡目:篠田純平(日本大)     投手
3巡目:小窪哲也(青山学院大)   内野手
4巡目:松山竜平(九州国際大)   外野手

ヤクルト
1巡目:加藤幹典(慶応大)     投手
3巡目:鬼崎裕司(富士重工)   内野手
4巡目:岡本秀寛(JFE西日本)  投手
5巡目:中尾敏浩(JR東日本)   外野手
6巡目:三輪正義(四国リーグ)   内野手


パ・リーグ

日本ハム
1巡目:多田野数人(3Aサクラメント)   投手
3巡目:宮西尚生(関東学院大)   投手
4巡目:村田和哉(中央大)     外野手
5巡目:松山傑(横浜商大高)    投手

ロッテ
1巡目:服部泰卓(トヨタ自動車)  投手
3巡目:根本朋久(横浜商大)   投手
4巡目:伊藤義弘(JR東海)   投手
4巡目:下敷領悠太(日本生命)   投手

ソフトバンク
1巡目:大場翔太(東洋大)     投手
3巡目:久米勇紀(明治大)     投手

楽天
1巡目:長谷部康平(愛知工大)   投手
3巡目:伊志嶺忠(東京情報大)   捕手
4巡目:聖澤諒(国学院大)     外野手

西武
1巡目:平野将光(JR東日本東北) 投手
3巡目:藤原良平(第一工大)   投手

オリックス
1巡目:小林賢司(青山学院大)   投手
3巡目:小瀬浩之(近畿大)     外野手


高校生ドラフトに続き、岩手関係からの指名はありませんでした。
これからは毎年岩手からプロ選手を送り出したいものです。
なお、先月行われた高校生ドラフトの結果も下記にリンクしておきます。
2007高校生ドラフトこちらをクリック
posted by ティト at 02:13| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

プロ野球 頂上決戦

今シーズンの野球もそろそろオフに近づきましたね。
今年はアマチュア野球一辺倒だった管理人ですが、やはりワールドシリーズと日本シリーズには興味津々。ひらめき
全試合を見たわけではありませんが、ちょこちょこテレビ観戦しておりました。TV
さすがにプロの頂点を争う試合はレベルが高いですねえ。グッド(上向き矢印)

ワールドシリーズはレッドソックスが怒涛の4連勝。ダッシュ(走り出すさま)
松坂大輔投手と岡島秀樹投手の活躍が光りましたね。
特に岡島投手は、日本にいた頃よりも制球力が格段に増し、球種も多彩になっているようで、進化が著しい感じです。
松坂投手は投球センスはもちろんのこと、打撃センスの良さも見せてくれました(笑)。
ロッキーズは松井稼頭央選手の奮闘がありながらも1勝が遠かったですね。
松井選手も日本にいた頃より好守にレベルアップしている印象です。
守備ではスローイング、打撃では広角に打ち分ける技術に明らかな向上の跡がうかがえます。
それにしてもワールドシリーズで日本人が活躍できる時代になったんですね〜。るんるん

日本シリーズは昨年と同じ顔合わせながら、今度は中日が日本ハムにリベンジ。
53年ぶりの日本一だそうです。位置情報
東北出身の落合博満監督の采配はまさにプロフェッショナルでしたね。
第5戦の継投に賛否両論があるようですが、管理人は落合監督の継投判断は流石だと思いました。
勝利という結果を掴む過程において最も重視すべきは、あらゆる側面から導き出される確率であるべきだろうと管理人は思っています。
日本人は過程にどうしても浪花節を見出したがる傾向があるだけに、落合監督の采配には一際鮮やかな印象を持ちました。ぴかぴか(新しい)
最近の日本のプロ野球で躍進目覚ましい外国人監督にも共通する合理性を感じますね。
日本ハムではなんと言ってもダルビッシュ・有投手の活躍にしびれました。わーい(嬉しい顔)
他チームにとって恐ろしい投手に成長しましたね。
速球の球威、変化球のキレ、制球力の全てに文句なし。
大リーガーの松坂投手と比べてもどちらの力量が上なのか管理人にはわからない感じです。
本当に末恐ろしい投手です。右斜め上
五輪やWBCでの活躍も大いに期待してしまいますね。野球
東北の高校球界からこれほど素晴らしい投手を輩出できたことは喜ばしい限りです。
ダルビッシュ投手の場合、自由な雰囲気で野球に取り組める日本ハムの環境もすこぶる合っていたのでしょう。
例えば東北の某球団であれば、野球以外の外見等を理由に試合に出してもらえないかもしれませんし(笑)。

何はともあれ、東北出身の球児が活躍する姿を見て、岩手の球児がこういう大舞台で躍動する姿を早く見たい気持ちがより一層強まりました。exclamation×2

頑張れ、岩手の高校野球。モータースポーツ
posted by ティト at 10:01| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

2007高校生ドラフト

今日行われたプロ野球新人選手選択(ドラフト)会議の結果を以下に記載します。


セ・リーグ

巨人
1巡目:藤村大介(熊本工)     内野手
3巡目:中井大介(宇治山田商)   外野手
4巡目:竹嶋祐貴(滑川)      投手

中日
1巡目:赤坂和幸(浦和学院)    投手
3巡目:樋口賢(尾道商)      投手

阪神
1巡目:高濱卓也(横浜)      内野手
3巡目:森田一成(関西)      内野手
4巡目:清原大貴(常総学院)    投手

横浜
1巡目:田中健二朗(常葉学園菊川) 投手
3巡目:大田阿斗里(帝京)     投手
4巡目:佐藤祥万(文星芸大付)   投手
5巡目:坂本大空也(市立柏)    外野手

ヤクルト
1巡目:佐藤由規(仙台育英)    投手
3巡目:山本斉(酒田南)      投手

広島
1巡目:安部友裕(福岡工大城東)  内野手
3巡目:丸佳浩(千葉経大付)    外野手
4巡目:中村憲(京都すばる)    投手


パ・リーグ

日本ハム
1巡目:中田翔(大阪桐蔭)     外野手
3巡目:津田大樹(倉敷)      投手
4巡目:大平成一(波佐見)     外野手
5巡目:松山傑(横浜商大高)    投手
6巡目:豊島明好(北陸大谷)    投手
7巡目:浅沼寿紀(旭川南)     投手

ソフトバンク
1巡目:岩嵜翔(市立船橋)     投手
3巡目:中村晃(帝京)       外野手
4巡目:藤井翼(桜井)       内野手

ロッテ
1巡目:唐川侑己(成田)      投手
3巡目:植松優友(金光大阪)    投手
4巡目:阿部和成(大牟田)     投手

西武
4巡目:武隈祥太(旭川工)     投手
5巡目:梅田尚通(鯖江)      内野手
6巡目:中田祥多(鳴門工)     捕手
7巡目:斉藤彰吾(春日部共栄)   外野手

楽天
1巡目:寺田龍平(札幌南)     投手
3巡目:石田隆司(東海大仰星)   投手
4巡目:菊池保則(常磐大高)    投手

オリックス
1巡目:丹羽将弥(岐阜城北)    外野手
3巡目:伊藤光(明徳義塾)     捕手
4巡目:山崎正貴(市船橋)     投手


岩手からの指名は残念ながらなし。
東北からは仙台育英の佐藤由規投手と酒田南の山本斉投手がともにヤクルトから指名されております。
佐藤投手は1巡目でなんと5球団の競合。右斜め上
来年は岩手から1人でも多くのプロ選手を送り出したいものです。ひらめき
posted by ティト at 17:19| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

2006年 大学・社会人ドラフト

今年の大学・社会人ドラフトは大量指名になりましたね。わーい(嬉しい顔)
岩手関係の選手の指名がなかったことは残念ですが。
下記にて大学・社会人ドラフトの指名選手一覧をリンクしておきますのでよかったら参照してみてください。


2006年 大学・社会人ドラフト 指名選手一覧
    ↑
こちらをクリック
posted by ティト at 19:52| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

日本ハム 日本一

ちょっと話題の時機を逸してしまいましたが、今年の日本シリーズは日本ハムがチャンピオンフラッグを獲得しましたね。モータースポーツ

新庄選手お疲れ様。わーい(嬉しい顔)
自由奔放なところが最大の魅力のスター選手でした。
ダルビッシュ投手は大きく成長しましたね。
2年前まで高校生だったとは思えないたくましさです。
森本選手や金村投手の活躍も光りました。
小笠原選手や稲葉選手といったベテランも厳しい戦いの中にあってものびのび野球を楽しんでいた感じです。
選手の個性が目立つチームってやっぱりいいもんですね。わーい(嬉しい顔)
自由の国アメリカからやってきたヒルマン監督の雰囲気作りがチームにマッチしていたのでしょう。

しかし最近の日本のプロ野球界では外国人監督の実績が際立っていますね。ひらめき
日本ハムといい、ロッテといい、しばらく優勝から遠ざかっていたチームを短期間で日本一に押し上げる手腕には驚きです。
一般に言われているのは、日本人監督の場合は選手の姿勢を見る、外国人監督の場合は選手の実力を見るということです。
日本人監督の場合、毎日長時間必死に汗まみれになって練習する姿勢を見せる選手をついつい重用してしまいがち。
浪花節、人情に流されやすいということでしょう。
その辺が采配の甘さにもつながってくるのでしょうか。
外国人監督の場合は単純に実力至上主義の場合が多いとのこと。
茶髪だろうが長髪だろうが結果を残せばそれでオッケー。
ただし結果を残せなければ容赦なく選手交代。
そんなイメージがありますね。
まあ当然一概には言えないわけですが。
プロ野球選手はあくまで結果で魅せるのが最大の仕事であり、それまでの過程はどうでもいいと思ってしまう管理人は外国人型なのでしょうか(笑)。
結果を残すまでの過程には人それぞれの工夫の仕方があるわけですから。
ファッションなどの個人の趣味趣向も人それぞれであっていい。
新庄選手のような個性的な選手を見られるのもまたプロ野球の副次的な魅力でもありますよね。わーい(嬉しい顔)

個性溢れるプロ野球って面白いですね。るんるん
posted by ティト at 14:38| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

日本シリーズ

やはり秋以降は野球の話題も減っちゃいますね。
野球に飢えている管理人です(笑)。あせあせ(飛び散る汗)
皆様からの当ブログへのコメントや掲示板への話題提供をお待ちしております。わーい(嬉しい顔)

さて、いよいよ今日からプロ野球日本シリーズが始まります。野球
最高レベルの野球を見るのが楽しみですね〜。るんるん
posted by ティト at 11:05| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

日本ハム パ・リーグ制覇

日本ハムのサヨナラ勝ちの場面は劇的でしたね。野球
森本選手の走塁は見事でした。くつ
あれぞプロのプレー。exclamation×2

ロッテもそうですが外国人監督が指揮するチームは雰囲気がのびのびしていて見ている方も気持ちがいいです。ぴかぴか(新しい)
パフォーマンスや自由なファション大いに結構。るんるん
野球以外の部分であれも駄目、これも駄目って縛り付ける指揮官は管理人はあまり好きではありません。
どこの誰かはもちろん言いませんが(笑)。
厳しいのは采配だけでいいでしょう。

野球は楽しくってのが管理人の好みなのです。わーい(嬉しい顔)
posted by ティト at 20:13| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

凱旋登板

巨人の木村正太投手(一関一卒)が、おととい一関市東山球場で行われたイースタン・リーグに先発投手として登板しました。


8月20日

ロッテ 7−0 巨人


木村投手は5回を投げて3失点。
残念ながら負け投手となりましたが、投球内容はなかなか良かったとのことです。
木村投手の実力を考えると、今季は現時点では本人にとって不本意な成績だと思いますが、故郷での好投をきっかけにこれから本領発揮してくれることでしょう。わーい(嬉しい顔)

頑張れ木村投手モータースポーツ
posted by ティト at 13:31| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

世界新記録

阪神の金本知憲選手が全イニング連続試合出場の世界記録を樹立exclamation×2

文句なしに素晴らしい記録だ。ぴかぴか(新しい)
管理人は金本選手が東北福祉大で活躍していた時代からプレーを見てきた。
当時、仙台に住んでいた管理人はよく大学野球を観戦していた。
当時の金本選手の印象は今のホームランバッターというイメージよりは、走攻守3拍子揃ったアベレージヒッターという感じだった。
東北福祉大は金本選手の1年先輩の佐々木主浩投手が4年生の時代に神宮大会で準優勝して一躍脚光を浴びたが、全国的な評価はまだまだ所詮地方大学といった感じだった。
翌年、金本選手のほか、後にプロへ進んだ斉藤隆投手、作山和英投手、浜名千広選手、伊藤博康選手らを擁して神宮大会初優勝。
東北福祉大が全国トップクラスの強豪チームという評価を得るさきがけとなった。
それ以降の東北福祉大の活躍は周知の通り。
毎年プロには多数の選出を輩出している。

管理人は東北福祉大学が神宮大会初優勝(1991年)した時、友達のつてで優勝祝賀会を見に行った。
金本選手の記憶はないが、斉藤投手、作山投手、浜名選手は間近で見ることができた。
そして無料で飲み食いできたし最高だった(笑)。猫

すっかり気分を良くした管理人はその後、東北福祉大の選手が多数選抜された日米大学選手権も宮城球場(現フルキャストスタジアム)にて観戦。野球
金本選手が大活躍して優勝。1991年は東北福祉大一色の年だった。
管理人が大学野球をあれほど観戦した年はあの年以外ないかも。

あれからもう15年も経ったんだなあ。ひらめき
管理人もその分だけ年を取ってしまったってことだね。あせあせ(飛び散る汗)
まあそんなこんなで金本選手には結構思い入れがある。
金本選手と一緒にプロへ進んだ同期の中では斉藤投手が今も現役で大リーグで活躍中だ。
管理人にとって何となく身近な感じがする彼らにはまだまだ現役でバリバリ頑張ってもらいたい。
posted by ティト at 01:14| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

WBC王者

日本代表優勝おめでとうるんるん

キューバも強かったし素晴らしい試合だった。
世界最高峰を争う試合らしくレベルが非常に高くて緊迫感のある試合だったね。野球
是非今後もWBCは続けてもらいたい。

気持ちを切り替えて次はセンバツだexclamation×2
posted by ティト at 01:18| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

棚からぼたもち

WBCはアメリカのまさかの敗北で日本の準決勝進出が決まった。
ほとんどあきらめていただけにまさに棚からぼたもちの気分だ。わーい(嬉しい顔)
準決勝の韓国戦は今までの借りをまとめて返すような圧勝を期待したい。グッド(上向き矢印)
管理人はナショナリズムには無頓着な方だがやはり日本が勝てば嬉しい。
日本は調子は今一歩ながら初代王者への道がはっきり見えてきた。ひらめき
posted by ティト at 21:56| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

WBC開幕

WBC開幕しました。野球
WBCというと自分は「世界ボクシング評議会」の方を連想してしまう(笑)。

さて、今日の中国戦だが、中盤まではやや不安を感じさせる試合展開だったものの、後半の爆発は凄かった。グッド(上向き矢印)
結果的にはスカッとする試合で気分は最高。るんるん
強敵台湾、韓国戦に向けて弾みがついたと思う。
1次予選は是非1位で通過してもらいたい。

初代王者に向けて突き進め〜ダッシュ(走り出すさま)
posted by ティト at 23:29| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする