2009年08月05日

第36回社会人野球日本選手権岩手県予選大会

不覚にも社会人野球日本選手権のことをすっかり忘れていた管理人・・・。ふらふら
以下に結果だけ記載いたします。


8月1日

1回戦
一戸桜陵クラブ 9−1 盛友クラブ (8回コールド)
福高クラブ 24−5 前沢野球倶楽部 (7回コールド)

8月1日

準々決勝
フェズント岩手 8−1 一戸桜陵クラブ (7回コールド)
オール江刺 11−0 雫石クラブ (7回コールド)
JR盛岡 6−4 久慈クラブ
水沢駒形野球倶楽部 9−0 福高クラブ


8月2日

準決勝
フェズント岩手 5−3 オール江刺
JR盛岡 6−4 水沢駒形野球倶楽部

決勝
JR盛岡 6−5 フェズント岩手
JR盛岡は東北大会進出決定


8月3日

敗者復活1回戦
水沢駒形野球倶楽部手 4−1 オール江刺

第2代表決定戦
フェズント岩手 8−2 水沢駒形野球倶楽部
フェズント岩手は東北大会進出決定


以上により、

第1代表JR盛岡
第2代表フェズント岩手

と決定しました。

posted by ティト at 12:46| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

2009都市対抗野球東北予選3日目 県勢の結果

6月29日

敗者復活1回戦
ゴールデンリバース 6−3 JR盛岡
NTTグループ東北マークス 2−1 フェズント岩手

posted by ティト at 21:26| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

2009都市対抗野球東北予選2日目 県勢の結果

6月28日

Cブロック予選
フェズント岩手 6−4 きらやかベースボールyクラブ
JR東日本東北 8−3 フェズント岩手

フェズント岩手は、Cブロック2位となり、JR盛岡同様にとりあえず予選突破。ひらめき
第2代表決定トーナメントへまわります。
頑張れ岩手県勢。モータースポーツ

posted by ティト at 01:50| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

2009都市対抗野球東北予選1日目 県勢の結果

6月27日

Aブロック予選
JR盛岡 11−4 ブルーズヨシフォレスト
七十七銀行 12−1 JR盛岡 (7回コールド)

JR盛岡は、Aブロック2位となり、とりあえず予選突破。ひらめき
第2代表決定トーナメントへまわります。

posted by ティト at 18:51| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

第80回都市対抗野球第2次予選東北大会 組み合わせ

都市対抗野球東北予選が今度の土曜日から始まります。
岩手からは、フェズント岩手とJR盛岡が出場。
各県とも強豪揃いですが、ここを勝ち抜いて全国切符を是非手に入れてもらいたいですね。位置情報

頑張れフェズント岩手モータースポーツ
頑張れJR盛岡モータースポーツ

組み合わせ表は、下記にてリンクいたします。


2009都市対抗野球東北予選 組み合わせこちらをクリック

posted by ティト at 00:12| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

2009社会人野球クラブ選手権東北予選 県勢の結果

6月19日

1回戦
新庄球友クラブ 5−3 久慈クラブ (延長12回)

2回戦
水沢駒形野球倶楽部 15−1 能代松陵クラブ (7回コールド)


6月20日

準決勝
水沢駒形野球倶楽部 18−6 ブルーズヨシフォレスト (7回コールド)
水沢駒形野球倶楽部は全国大会進出決定exclamation×2手(チョキ)

決勝
水沢駒形野球倶楽部 10−6 NTTグループ東北マークス


水沢駒形野球倶楽部 東北第1代表として全国へダッシュ(走り出すさま)パンチぴかぴか(新しい)

posted by ティト at 18:10| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

第34回全日本クラブ選手権第2次予選東北大会 組み合わせ

クラブ選手権東北予選が明日から始まります。グッド(上向き矢印)

頑張れ水沢駒形野球倶楽部モータースポーツ
頑張れ久慈クラブモータースポーツ

組み合わせ表は下記にて確認願います。


2009クラブ選手権東北予選組み合わせ.pdfこちらをクリック

posted by ティト at 19:22| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

2009都市対抗野球岩手予選 代表決定

6月13日

準々決勝
JR盛岡 7−4 水沢駒形野球倶楽部
高田クラブ 5−0 遠野クラブ
赤崎野球クラブ 2−2 オール江刺 (延長16回引き分け)
フェズント岩手 5−0 黒陵クラブ


6月14日

準々決勝
オール江刺 3−1 赤崎野球クラブ

準決勝
JR盛岡 8−1 高田クラブ (8回コールド)
フェズント岩手 4−0 オール江刺


6月15日

決勝
フェズント岩手 5−2 JR盛岡
フェズント岩手は東北予選進出決定

敗者復活1回戦
高田クラブ 3−2 オール江刺 (延長14回)

第2代表決定戦
JR盛岡 4−1 高田クラブ
JR盛岡は東北予選進出決定


以上の結果により、岩手県代表の2チームは、

第1代表フェズント岩手
第2代表JR盛岡

と、決定しました。
posted by ティト at 01:52| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

2009都市対抗野球岩手予選 3日目の結果

6月1日

2回戦
オール江刺 7−1 宮古倶楽部
赤崎野球クラブ 6−3 盛友クラブ (延長10回)
黒陵クラブ 18−4 矢巾硬式クラブ (7回コールド)
フェズント岩手 19−0 前沢野球倶楽部 (7回コールド)

posted by ティト at 19:41| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009都市対抗野球岩手予選 2日目の結果

5月31日

1回戦
矢巾硬式クラブ 5−4 一関ベースボールクラブ (延長11回)

2回戦
水沢駒形野球倶楽部 11−0 大槌倶楽部 (7回コールド)
JR盛岡 3−1 盛岡市立クラブ
高田クラブ 6−0 北上REDS
遠野クラブ 3−0 盛岡倶楽部

posted by ティト at 19:31| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

2009都市対抗野球岩手予選 初日の結果

5月30日

1回戦
JR盛岡 7−2 一戸桜陵クラブ
北上REDS 3−2 久慈クラブ
盛岡倶楽部 5−3 福高クラブ
オール江刺 4−0 オール不来方
赤崎野球クラブ 13−1 釜石野球団 (7回コールド)

posted by ティト at 21:09| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月30日 社会人野球観戦記

今日は花巻球場で都市対抗野球岩手予選を観戦しました。


5月30日

花巻球場第1試合
オール江刺 4−0 オール不来方

両チームエース同士による見応えのある投手戦。
試合全般を通じて軽快な守備で守り立てたオール江刺の完封勝利となりました。

オール江刺の先発は中鉢洋平投手。
昨年までは、スタミナ配分は考えずに最初から飛ばす力投派の印象でしたが、今日は力の出し入れが巧みでした。
ストライク先行で早く追い込み、ここぞで力を込めるクレバーさが光りましたね。
大きなピンチもなく、テンポ良く9回をスイスイ投げきりました。
スタミナの課題を克服し、完投能力が備わった感じです。

オール不来方の先発は徳田亨投手。
かつては本格派らしく力で押すスタイルでしたが、経験を増し、緩急を生かして打者のタイミングを外す投球術に磨きがかかりましたね。
キレの良い変化球で容易にストライクを取れますし、打者は的を絞りづらいでしょうね。
守備に足を引っ張られたところがあって4失点でしたが、投球自体は素晴らしかったと思います。

打線は、投手が良かったこともあり、両チームとも連打が飛び出す展開にはなりませんでした。
オール江刺の古舘昂樹選手が、しつこいカットを見せつつ、野手の間を渋く抜く安打を放っていたのが印象に残りました。

守備は、ノーミスのオール江刺に対し、イージーミスが出てことごとく点に絡んでしまったオール不来方。
それがそのまま点差として表れました。
投手が頑張っていただけに、オール不来方としてはちょっともったいなかったですね。
オール江刺は、古舘昂樹選手と田鎖駿選手の二遊間が非常に軽快な動きを見せていました。まさに10代の動きです。
高卒ルーキーの両者は、今後中心選手として成長しそうな予感です。


花巻球場第2試合
赤崎野球クラブ 13−1 釜石野球団 (7回コールド)

この試合も投手戦の様相でしたが、ミスから失点を重ねた釜石野球団が中盤以降に崩れ、思わぬ大差で試合終了となりました。

赤崎クラブの先発は佐々木慶喜投手。
横手から多彩な変化球を操る技巧派右腕です。
打たせて取るピッチングを展開していましたが、3回に打球が顔面に当たるアクシデント。
ベンチに下がって治療していましたが、そのまま降板となりました。
大丈夫でしょうか。
急遽登板となったのが山本淳一投手。
今まで数々の好投を見せてきた投手ですが、今日も素晴らしいピッチングでした。
伸びのある速球とキレの良い変化球を自在に制球し、全く危な気がありませんでしたね。
勝てる投手の見本でしょう。
岩手を代表する右腕の1人です。

釜石野球団の先発は大瀧真一朗投手。
今年高校を卒業したばかりのルーキーです。
長身から投げ下ろす重い速球とキレの良い変化球をコーナーに集める右本格派です。
高校時代はもっと爆発的に投げ込む印象でしたが、今日は8分位の力で制球を重視していたようですね。
守備に足を引っ張られましたが、投球は安定していました。
ボールに角度があるので、打者としては打ちづらいでしょう。
今日は体重移動が控え目で球速を抑え気味でしたが、下半身の使い方次第で140km級の速球を投げられるポテンシャルは秘めていると思います。
今後楽しみな素材ですね。
7回は大瀬優輝投手が登板。
リリースの前に一瞬タメを作る変則右上手です。
今日は制球が安定せず、四球でランナーを溜めた後に手痛い一発を喫してしまいました。
フォロースルーは効いていますので、キャッチャーミットに向かって腕を真っ直ぐ振る感覚をつかめるようになると打ちづらい投手になると思います。

打線は、赤崎クラブに好機で効率良く安打が飛び出しましたね。
いつの間にか13点取ったという感じです。
村上耕選手は、7回にコールド勝利を決定づける満塁本塁打を放ちました。
体の回転を効かせたシャープなスイングが持ち味ですね。

posted by ティト at 20:49| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

第80回都市対抗野球第1次予選岩手県大会 組み合わせ

明日から都市対抗野球岩手予選が始まります。野球
多くの元岩手球児が活躍する社会人野球。るんるん
管理人は都合がつけば見に行きたいと思っています。
皆様もご一緒にいかがでしょうか。わーい(嬉しい顔)

組み合わせは下記をクリックしてご確認ください。


都市対抗野球岩手予選.pdfこちらをクリック

posted by ティト at 19:37| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

クラブ選手権岩手予選 ここまでの結果

一昨日と昨日行われたクラブ選手権岩手予選の結果を記載します。


5月9日

1回戦
北上REDS 8−1 盛岡市立クラブ (7回コールド)
遠野クラブ 10−3 九戸クラブ
釜石野球団 11−2 オール不来方 (7回コールド)
花巻硬友倶楽部 7−5 矢巾硬式クラブ
前沢野球倶楽部 10−3 住田硬式野球クラブ (7回コールド)
盛友クラブ 11−10 一関ベースボールクラブ (延長11回サヨナラ)


5月10日

2回戦
水沢駒形野球倶楽部 10−1 北上REDS (7回コールド)
高田クラブ 2−1 遠野クラブ (9回サヨナラ)
福高クラブ 23−7 釜石野球団 (7回コールド)
宮古倶楽部 5−0 盛岡倶楽部
オール江刺 8−1 花巻硬友倶楽部 (7回コールド)
黒陵クラブ 8−0 前沢野球倶楽部 (7回コールド)
久慈クラブ 7−3 盛友クラブ
赤崎野球クラブ 8−1 雫石クラブ (7回コールド)

posted by ティト at 21:33| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

5月9日 社会人野球観戦記

今日は社会人野球クラブ選手権を観戦してきました。
高校野球も見たかったのですが、体が1つしかないもので・・・。
同じ日に野球イベントが重なるのも困りものですね。
簡単な感想は以下のとおりです。


5月9日

前沢球場第1試合
花巻硬友倶楽部 7−5 矢巾硬式クラブ

お互いミスがあり、余計な失点がありつつも、中盤に連打で大量点を取った花巻硬友倶楽部が逃げ切りました。

花巻硬友倶楽部の先発は森橋健哉投手。
今までに何度か見た投手ですが、今日も緩急の効いた打たせて取る持ち味を発揮して好投しました。
7回からは佐藤好佑投手が登板。
躍動感のある右上手で、勢いのあるボールを投げますね。

矢巾硬式クラブの先発は里舘慶一朗投手。
長身のスリークォーターです。
一関学院時代に比べると速球の威力が増した感じですが、今日は緩急がやや不足し、速球を狙い打たれた感じです。
4回からは在家陽平投手が登板。
盛岡四時代はサイドスローでしたが、スリークォーターにフォームが変わっていましたね。
キレの良いボールを投げていましたが、5回に頭部への死球を与えてしまった後に動揺が見られ、制球が甘くなったところを連打されました。
8回からは門脇駿投手が登板。
西和賀時代から評判の速球派右腕です。
高校時代に比べるとやや躍動感が控え目な感じですが、速球の球速は最速130km台中盤位出ていたのではないでしょうか。
制球の精度が高まればそう簡単には打たれないと思います。
矢巾硬式クラブは、将来楽しみな若手投手のリレーで、見ている管理人もワクワクしました。わーい(嬉しい顔)

目立った打者としては、花巻硬友倶楽部の渡辺賢司捕手が、レフトポール直撃の会心のホームランを放っていました。

守備は、両チームともミスが多かったです。
さすがに高校野球と比べると野手のフットワークは重いですね(笑)。


第2試合
前沢野球倶楽部 10−3 住田硬式野球クラブ (7回コールド)

ミスの多い試合でしたが、ミスに連打を絡めた前沢野球倶楽部が大量得点で快勝となりました。

前沢野球倶楽部の先発は小野寺徹久投手。
やや上体依存気味のフォームながら、腕の振りや上体の倒しこみは力強く、相当馬力がありそうですね。
伸びのある速球とキレの良い変化球のコンビネーションはなかなか有効でした。

住田硬式野球クラブの先発は佐々木翔太投手。
オーソドックスな右上手で、フォームには躍動感があります。
伸びのある速球と鋭い変化球とのコンビネーションで、ピッチング自体は悪くはありませんでしたが、守備に足を引っ張られましたね。

目立った打者としては、前沢野球倶楽部の菅原完選手。
変化球をうまくすくい上げてのホームランは見事。
さらに、複数安打に盗塁にと大車輪の活躍でしたね。

守備は、両チームともミスがありましたが、特に住田硬式野球クラブは緩慢なプレーの連続でした。
外野は、出足が明らかに鈍く、本来アウトにすべき飛球を何度も安打にしてしまったのが気になりました。


第3試合
盛友クラブ 11−10 一関ベースボールクラブ (延長11回サヨナラ)

滅多に見られない大逆転劇。
コールド負けの危機に追い込まれた盛友クラブが、8回に一挙7得点で追いつき、延長11回で逆転決着を成し遂げました。

盛友クラブの先発は佐々木健投手。
ゆったりとしたフォームで、体重移動が控え目の右上手です。
立ち上がりボールが先行し、置きにいった甘いボールを捕らえられてしまいました。
1回途中から藤原寛投手にスイッチ。
バランスの良い右上手で、制球が良く、緩い変化球の使い方が巧みですね。
3回途中からは川村幾見投手にスイッチ。
体重移動の前に十分にタメを作ってから投げる技巧派左腕です。
制球が良く、緩急の使い方も巧みですが、球威がそれほどないため、今日は相手打者にうまくタイミングを合わせられてしまった感じです。
6回からは齋藤航也投手が登板。
ゆったりと振りかぶり、タメを作ってバランスを整えつつ真上から投げ下ろす右腕です。
伸びのある速球とキレの良い変化球をうまくミックスし、制球も良いですね。
安定感のある投球内容でした。

一関ベースボールクラブの先発は菅原祐樹投手。
機敏で躍動感のあるフォームから、力強く腕を振って威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派右腕です。
馬力があって非常に魅力のある投手ですね。
速球の球速は、目測で130km台中盤は出ています。
制球も良く、大崩れしそうにない安定感も備えています。
初めて見る投手ですが、掘り出し物を見つけた気分です。グッド(上向き矢印)
2年前は大東で高校球児だったはずですが、管理人は不覚にもこの投手の記憶がありません。
高校時代も素晴らしい投手だったに違いないと思いました。
7回からは及川健児投手が登板。
柔軟性を感じるフォームから、7分位の力でゆったりと投げる技巧派左腕ですね。
制球は良く安定感がありますが、球威が不足し、8回には連打で捕まってしまいました。
10回からは小山潤投手が登板。
緩急をうまく使う技巧派の左上手です。
球威で押すタイプではありませんが、制球はまとまっており、大崩れはしないタイプでしょう。

目立った打者とは、盛友クラブの松本直樹選手。
いかにも力がありそうな体格ですが、振り回すタイプではなく、コンパクトに内野の頭を越す広角打法を見せていました。
サヨナラタイムリーとなった打球は見事なクリーンヒットでしたね。

守備は、この試合もやはりミスが続出。
落球、打球を弾く、悪送球などが頻繁に目に付きました。
今日の3試合は総じてミスの多い試合でした。
うーむ・・・。
posted by ティト at 22:23| 岩手 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

第34回全日本クラブ選手権岩手県予選大会 組み合わせ

社会人野球クラブ選手権岩手予選が今週末に開幕します。グッド(上向き矢印)
組み合わせ表は下記を参照ください。


クラブ選手権組み合わせ.pdfこちらをクリック


昨年から土日のみの開催となっているため、高校野球や大学野球の公式戦と思いっきりかぶってしまい、管理人的には困っています。
あれも見たいこれも見たいの管理人ですので(笑)。
社会人野球は選手参集の都合もありますし、土日のみの開催でやむをえないのでしょうが、学生スポーツは木金土とか土日月とか多少平日開催を混ぜてもらえると助かるのですが。
高野連さん、学野連さん、どうかご一考ください(笑)。
特に高校野球の春の地区予選は、各地区とも試合数があまりにも少ない感じがします。
敗者復活戦採用など、もっと球児の試合機会とファンの観戦機会を増やしていただければありがたいです。


posted by ティト at 20:31| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

平成21年 社会人野球岩手県知事旗争奪大会 結果

昨日と今日行われた社会人野球県知事旗争奪大会の結果を以下に記載します。


5月2日

1回戦
水沢駒形野球倶楽部 12−0 宮古倶楽部 (7回コールド)
オール江刺 8−1 赤崎野球クラブ (7回コールド)
高田クラブ 2−1 フェズント岩手
JR盛岡 6−0 黒陵クラブ


5月3日

準決勝
水沢駒形野球倶楽部 5−4 オール江刺 (延長10回サヨナラ)
JR盛岡 3−2 高田クラブ (延長10回サヨナラ)

決勝
JR盛岡 6−5 水沢駒形野球倶楽部 (延長10回サヨナラ)
(J)金野(寛)、千葉(智)−日向端(将)
(水)菊池(良)、加藤(武)−玉城


最優秀選手:金野寛投手
敢闘賞・打撃賞:玉城宏二捕手


posted by ティト at 21:58| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

第46回JABA岩手県知事旗争奪春季野球大会 組み合わせ

社会人野球岩手県知事旗争奪大会が明日から始まります。
岩手の社会人野球で実績十分のチームがエントリーされていますので、とても興味深い大会ですね。わーい(嬉しい顔)
組み合わせ表は下記をクリックしてご覧ください。

平成20年 県知事旗争奪大会.pdfこちらをクリック


ゴールデンウィークは、社会人野球に加え、北東北大学野球リーグや高校野球の練習試合も盛りだくさんです。野球
好天に恵まれて野球三昧のゴールデンウィークにしたいものですね。晴れ
posted by ティト at 20:53| 岩手 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

思いつき提案

今回の社会人野球の大会削減報道でちょっと考えてみたのですが、実質企業対抗戦になっている現状の都市対抗と日本選手権を一本化するのであれば、それとは別に、もっとお祭り的な野球大会を新たに創設するのはどうかなあとふと頭に思い浮かびました。ひらめき
具体的には、社会人野球・大学野球・高校野球の垣根を取り払った野球大会、つまりアマチュア野球が一体となった野球の祭典です。イベント
野球は偶発性の強いスポーツですから、高校野球のチームが大学や社会人の強豪チームに勝つことだってあり得るでしょう。位置情報
大学生や社会人も、高校生には負けられないとシャカリキになるはず(笑)。
各県(必要であればさらに各地方)で予選を行い、代表が全国大会へ進出する形がポピュラーですがやはりベスト。
これは予選から素晴らしく盛り上がるのではないでしょうか?演劇
高校生チームは数が多いので、例えば夏の選手権のベスト8チーム、または市町村単位の選抜チームが予選に出場するといった感じで運用すれば必要以上に大きな大会にはならないはずです。
開催時期はやはり秋でしょうね。

こんな感じで思いつきの空想を徒然に書いてみました。
空想するのはタダですし、野球のことを色々考えるのが楽しくて仕方のない管理人です。猫
様々な事情やルールはほとんど考慮に入れていませんので、当然アラだらけで突っ込みどころ満載でしょう(笑)。
管理人への異論反論や、皆様の野球を盛り上げるための新たなプランなどございましたら是非聞かせてくださいね。ペン
ファンのアイデアで野球界の危機を乗り越えましょう。モータースポーツ
posted by ティト at 21:37| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縮小の連鎖

先日の日産ショックに続き、TDK千曲川の野球部廃部の報道がありました。
TDK千曲川には、盛岡四−東日本国際大出身の新田祐司選手が在籍しています。
秋田のTDKと統合されるとのことですが、全員が野球を続けられるのか不透明なようでとても心配です。

また、都市対抗と日本選手権の大会一本化の話のほか、例年全日本クラブ選手権と同時期に行われているクラブカップの開催凍結も検討されているとのこと。
他にも連盟主催の大会を相当数削減する議論がなされているそうですし、社会人野球が縮小の連鎖に陥りかねない状況です。右斜め下

一度失ったものを取り戻すのは難しいはず。
不況ももちろん大変なことですが、ファン離れが野球界にとって最も危惧すること。爆弾
果たして削減ありきで本当によいのでしょうか?
多くの選手やファンの夢と希望のよりどころとなっている野球の灯火を消さないよう、危機を迎えた今こそが頑張り時です。パンチ
posted by ティト at 14:35| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする