2007年12月03日

日本代表 北京五輪進出決定

やりました、日本代表。るんるん
見事な3連勝でアジア最終予選を見事に突破。グッド(上向き矢印)

韓国戦、台湾戦は見ているだけで胃が痛くなるような試合展開でしたね。
成瀬善久投手と涌井秀章投手は、横浜高校時代にセンバツで盛大附に立ちはだかった投手であり、ダルビッシュ有投手は言わずと知れた東北の至宝。ぴかぴか(新しい)
いつにも増して親近感を持ちながら国際試合を見ていました。ひらめき

今日は最高の気分でぐっすり眠れそう。猫

おめでとう 日本代表モータースポーツ
次は金メダルだー。exclamation×2位置情報


posted by ティト at 23:36| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダルビッシュは、東北の至宝、まさにその通り。
そのダルを擁しながら、甲子園で優勝できなかった当時の若生監督は無能だったと思う。予想通りクビになったが…。
いつになったら東北に優勝旗が来るのだろう。
今夏の花巻東は有望だと思ったが、肝心の菊池雄星君が大会前に、スライディングして怪我をし、投げ込みが不足していたと聞きました。どおりで予選のような球速が感じられなかったわけです。あれなら、先発の落合投手続投でよかったと思いました。
先日のアジア予選で、ある解説者が、「初回から一塁へヘッドスライディングするなんて凄い気迫です」のようなことを言ってましたが、一塁へのヘッドスライディングは利敵行為だということがナゼ分からないのでしょうか?
イチローが一塁へヘッドスライディングをしないのは、かえって遅くなるからです。高校野球でも止めてもらいたいと思います。怪我をするだけでいいことはありません。

今更ながらちょっと自慢話ですが、夏の甲子園大会の3回戦の途中で、佐賀北高の優勝を予言したのは、地元の人を除けば、私くらいでしょう。
Posted by はる at 2007年12月06日 23:32
こんばんわ、はるさん。
願わくば、東北初の優勝旗を岩手県勢が掴み取れればいいですね☆

ダルビッシュ投手の進化スピードには驚かされます。
既に日本のエースですもんね。

一塁へのヘッドスライディングを気迫溢れるプレーだと賛美する風潮は、実は管理人も快く思っていません(笑)。
Posted by ティト at 2007年12月09日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック