2022年05月07日

5月7日 高校野球観戦記 その1

5月7日

春の高校野球花巻地区予選 花巻球場第1試合
花巻東 15−0 花巻北 (5回コールド)

チャンスで一気に大量点を奪う花巻東のしたたかさが光りました。

<花巻東>
・投手
金澤秀弥 1回〜2回
ゆったりとした始動から、小さめな踏み出しとともにコンパクトに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、糸を引くような速球と落差のある変化球でテンポよく打たせて取る投球が持ち味のようです。
腕の振りがしなやかで資質の高さを感じましたが、蹴り足がやや不十分で、ボールにウエートがいまひとつ乗っていないのが課題でしょう。
体動の勢いを投球に生かす意識を持てば、球威は大きく増すと思います。

菊池興洋 3回
常時セットポジションから、グラブを持つ手を前に伸ばして壁を作りつつ、鋭くコンパクトに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をストライク先行で投げ込みます。
テンポよく打者を打ち取っていて安定感がありましたが、体の開きを意識しすぎている感じで、そのかわりに体重移動がおろそかになっているのが気になりました。
期待している投手なので、さらに力強い投球を次回に見たいです。

熊谷陸 4回
スムーズに振りかぶり、素早い上体の倒し込みとともにコンパクトに力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をグイグイ投げ込みます。
本職は野手ですが、投手の資質も非常に高いですね。
課題としては、速球を投げる時は胸をしっかり張って反発力を生かせているものの、変化球を投げる時には腕だけ先に出てしまうところでしょうか。
まだ線は細いですが、今後の筋力アップで素晴らしい本格派に成長する予感大の2年生です。
速球の球速は、最速133kmの表示。

吉田幸永 5回
常時セットポジションから、踏み出しを控えめにして上体の回転力で鋭く腕を振る右上手。
威力十分の速球と緩急2種類の変化球でグイグイ押す本格派タイプです。
重心がやや腰高なものの、地肩がかなり強そうで、上体の倒し込みだけで投球エネルギーを捻出できる資質の高さが見て取れました。
この資質に加えて下半身の体重移動を上乗せできれば、全国クラスの投手に成長できると思います。
速球の球速は、最速138kmの表示。

打線
がんがん打ったという印象はありませんでしたが、相手のミスを確実に得点につなげていつの間にかビックイニングにしていました。
さすがは秋の東北王者です。

小澤修 右投左打
スイングにムラがなく、どの球種でも高い精度で強振できる強打者ですね。
しっかりと芯をとらえる鋭い打球に感心しました。

宮澤圭汰 右投左打
体動のリズムでスイングするタイプの強打者ですね。
もう少しでライトスタンドという打球もありました。

金拓門 左投左打
代打の1打席でしたが、変化球にしっかりと反応して右中間フェンス直撃の見事なバッティングを見せました。

守備
問題なし。
 

<花巻北>
・投手
小原慶人 1回〜3回途中
ゆったりとした始動から、しっかりとタメを作って回転力を生かす左スリークオーター。
球威で押すタイプではありませんが、横滑りする変化球でバットの芯を外す頭脳的な投球を見せました。
左打者の外角に逃げる変化球は効果大なので、今後はシンカー系の変化球で右打者への武器を増やせば、フルスイングを容易には許さない投手に成長できると思います。

根子雄成 3回途中〜4回
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と鋭い変化球をテンポよく投げ込みます。
癖のないバランスの良いフォームが持ち味なので、今後は機敏性と爆発力を意識していけば楽しみな2年生です。

打線
なかなか安打が出ない展開で、得点につなげるチャンスを作り出せなかった感じです。

守備
アウトにできる打球を逃してしまう場面が多く、思わぬ大量失点につながってしまいました。



posted by ティト at 22:56| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック