2021年05月01日

4月30日 高校野球観戦記 その1

4月30日

春の高校野球花巻地区予選 花巻球場第1試合
花巻東 7−0 花北青雲 (7回コールド)

投手陣の好投にバックもガッチリと守った花巻東が、花北青雲の好機の芽を作らせない展開でした。

<花巻東>
・投手
南慧太 1回〜5回
ゆったりと振りかぶり、スムーズな体の回転とともにコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
体のバランスが良く動作はしなやかですが、もっと躍動感をボールに乗せるイメージで瞬発力を利用できるようになれば、球威はまだまだ増してくると思います。
センスの良さが見て取れましたので、今後の進化に期待いたします。
速球の球速は、最速138kmの表示。

菊池興洋 6回〜7回
常時セットポジションからゆったりと振りかぶり、バランスを確かめながらスムーズに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と緩急2種類の変化球で的を絞らせない投球を見せました。
手首を体の後ろに隠すような投げ方をしますね。
体のバランスは良いと思いますが、機敏性と躍動感をもっと生かすべきだと思います。
今後の成長を大いに期待できる2年生です。

打線
じっくりとボールを見極めながら作戦を組み立てていくしたたかさはさすがです。
効率よく点を取れていました。
4安打でコールド勝ちというのも珍しいと思います。
課題としては、全体的にスイング時の体重移動が不十分なので、いまひとつ打球に力が伝わっていません。
後ろに重心が残ったままスイングしているような違和感がありますね。
前に強く打球を飛ばすイメージをもっと持つ必要があると感じました。

佐々木麟太郎 右投左打
凡打にはなりましたが、滞空時間の長い飛球に驚きました。
PL学園時代の清原和博選手を生で見た時の滞空時間の長い飛球を思い出した管理人です。
1年生離れしたパワーの持ち主であることは一見してわかりましたので、岩手を代表するホームランバッターに是非とも育てていただきたいです。

守備
問題なし。
 

<花北青雲>
・投手
菅原礼司 1回〜2回
ゆったりとした始動から、大きく振りかぶって綺麗に腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で的を絞らせない投球を見せました。
相手打線を警戒し過ぎたのか、変化球がワンバウンドになってのワイルドピッチが多くなってしまいました。

糠森博斗 3回〜5回
常時セットポジションから大きく振りかぶり、パワフルに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をグイグイ投げ込みます。
踏み出しがやや不安定で、力をボールに伝えきれていない感じはしますが、地肩がかなり強そうですね。
今後の成長が楽しみな2年生です。
速球の球速は、最速130kmの表示。

伊藤賢汰 6回
常時セットポジションから、担ぐように力強く振りかぶって鋭く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で押す投球を見せました。
下半身の体重移動が不足していますが、力感があって筋力の強そうな2年生です。

打線
なかなか安打が出ない展開で、好機を広げることができなかった感じです。

守備
初回に四球とワイルドピッチが重なってノーヒットで2点を先制されてしまったのが非常に痛かったです。

posted by ティト at 12:46| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]