2021年04月27日

4月27日 高校野球観戦記 その2

4月27日

春の高校野球北奥地区予選 森山球場第3試合
専大北上 12−0 黒沢尻北 (5回コールド)

専大北上の強力打線が爆発。
好機に安打をまとめて大量得点につなげました。

<専大北上>
・投手
長島暖和 先発完投
ゆったりとした始動から、スムーズな体の回転とともにコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球との緩急を生かす投球を見せました。
軽々と力のあるボールを投げていますし、余力はまだまだあると思いますので、躍動感をもっと意識して体動の勢いをボールに乗せる投球ができれば、一気に才能が開花すると思います。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
各打者ともボールがよく見えており、打てるポイントをしっかりと絞って鋭く捕らえるバッティングを見せました。
変化球にも崩されませんでしたし、この時期としては仕上がりが良いと思います。
上位下位切れ目がなく、どこからでも点を取れる感じですね。

守備
問題なし。
 

<黒沢尻北>
・投手
星知輝 1回〜2回途中
常時セットポジションから、ダイナミックに振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と緩急2種類の変化球で打たせて取る投球を見せました。
うまく相手打線が合わせてきた感じですが、体全体で投げようとする意識が見て取れましたので、今後に期待です。

松本壮哉 2回途中〜4回
大きく振りかぶり、思いっきり腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
躍動感があるので、ボールには球速以上の力がありますね。
速球の球速は、最速132kmの表示。

打線
好機はありましたが、要所であと一本が出なかった感じです。

守備
問題なし。

posted by ティト at 22:05| 岩手 | Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]