2020年10月14日

10月14日 高校野球観戦記 その3

10月14日

秋の高校野球東北大会2回戦 石巻球場第3試合
仙台育英 7−0 湯沢翔北 (8回コールド)

好投手同士の投手戦で試合が進んでいきましたが、終盤に打力を発揮した仙台育英が、したたかに点を積み重ねました。

<仙台育英>
・投手
松田 1回〜7回
ゆったりとした始動から、タメを十分に作って上体の倒し込みとともに鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
フォームバランスが良く、ボールにウエートをしっかり乗せて投げていますね。
投球センスの高さが一見してわかりました。
相手打線をねじ伏せるピッチングでしたね。
速球の球速は、目測で最速140km台前半〜中盤。

中村 8回
ゆったりと始動し、しっかりと踏み込んだ後に鋭くコンパクトに腕を振る見極めてスリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取る投球を見せました。
腕が遅れて出てくる投法で、かなり打ちづらい投手だと思います。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤〜後半。

打線
振る時はしっかりと振りきっていますので、打球が速いです。
走塁も常に先を狙ってきますし、好機では一気にたたみかけるスタイルでしょう。

守備
問題なし。

渡邊 遊撃手
足さばきが軽快で守備範囲が非常に広いですね。
捕ってからすぐ投げる送球も安定しています。
 

<湯沢翔北>
・投手
佐藤創 1回〜8回途中
常時セットポジションからゆったりと振りかぶり、スムーズな体の回転とともにしなやかに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で押す本格派タイプです。
胸の張りを生かせていますし、腕を鞭のようにしなやかに使えているのも好印象。
コースをビシビシ突いて相手打線に連打を許しませんでした。
投球センスが高く、筋力が増せば非常に楽しみな逸材です。
速球の球速は、目測で最速130km台後半。

武藤 8回
ゆったりと振りかぶり、担ぐように体を回転させながら力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球を投げ込みました。
打者一人だけの投球だったので詳細な特長はつかめませんでしたが、なかなかパワフルな投手ですね。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

打線
相手投手の球威にやや力負け。
得点の糸口がつかめなかった感じです。

守備
立ち上がりに浮足立ちましたが、バックホームの好返球で失点を防いだプレーは大きかったですね。
再三のピンチを凌ぐ場面はありましたが、速い打球にフリーズしてしまう場面も目立ちました。



posted by ティト at 23:29| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。