2020年10月14日

10月14日 高校野球観戦記 その1

10月14日

秋の高校野球東北大会1回戦 石巻球場第1試合
花巻東 7−2 鶴岡東

先行して常に主導権を握った花巻東が、投手陣も踏ん張ってガッチリと守りきりました。

<花巻東>
・投手
菱川一輝 1回〜8回
左足を後ろに引く常時セットポジションから、素早くグラブを抱えつつコンパクトかつスムーズに腕を振る右上手。
威力のある速球と緩急2種類の変化球で三振を取れる本格派です。
フォロースルーを意識しているのは好印象ですが、蹴り足がやや弱く、ボールにウエートが乗り切っていないのが気になりました。
それでも威力のあるボールを投げていますので、地肩の強さは相当なものがあると思います。
腕を意識して投げるのではなく、体全体の瞬発力を生かして投げる意識を持てれば、全国有数の投手に成長できる逸材でしょう。
速球の球速は、目測で最速140km台前半〜中盤。

平井柊 9回
左足を後ろに引く常時セットポジションから、素早くグラブを抱え込んで鞭のようにコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で打者にフルスイングさせない投球が持ち味のようです。
下半身の体重移動が不足しているのは気になりますが、投球動作が素早いので、なかなかタイミングを合わせづらい投手でしょう。
花巻東にはあまりいないタイプだと思いますし、鶴岡東の打者も全くタイミングが合っていませんでした。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

打線
相手投手のストンと落ちる変化球になかなか対応できず、ワンバウンドになるボールを振ってしまった印象です。
ここを見極めていれば、好機はもっと広がっていたでしょう。
それでも、ここぞで点をもぎ取る勝負強さはさすがですね。

守備
足が止まって待ってしまった捕球ミスはありましたが、全体的には問題なし。

田代旭 捕手
困った時に速球という配球ではないので、相手に的を絞らせませんでしたね。
1年生ながらなかなかクレバーな捕手だと思います。
捕球した時に送球体勢になっているのも素晴らしいです。
こういうきめ細やかな工夫のできる捕手は確実に伸びますよ。
 

<鶴岡東>
・投手
津田 1回〜7回
常時セットポジションからゆったりと振りかぶり、担ぐように体を回転させて思いっきり腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球でグイグイ押す本格派タイプです。
躍動感があって上体の倒し込みとともにウエートをボールに乗せて投げていますので、球速以上の球威を発揮する投手でしょう。
こういう投手は非常に打ちづらいです。
岩手の投手も参考にすべきだと思いました。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

海藤 8回
常時セットポジションからゆったりと始動し、体の回転とともにしなやかに腕を振る左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球でタイミングを外す投球が持ち味のようです。
いろんなタイミングでの牽制が巧みで、ランナーはなかなか走れないでしょう。
躍動感がやや不足していますので、瞬発力をもっと生かして投げる意識があれば、球威はまだまだ増してくると思います。

打線
じっくりとボールを見極めてきましたが、最後まで的を絞れず、追い込まれてからの中途半端なバッティングが目立ちました。
時折見せる各打者のフルスイングには迫力があり、地力の高さはうかがえましたし、追い込まれてからの空振りも少ないなあと感心しました。

守備
問題なし。

小林 遊撃手
打球への反応の速さ、グラブタッチの柔らかさにセンスの高さを感じました。
安打性の打球に追いついてしっかりと送球できる体の芯の強さもありますね。



posted by ティト at 22:59| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。