2019年10月19日

2019 ドラフト会議

今年のドラフト会議で、岩手関係から4人の指名がありました。

まず、ロッテのドラフト1位で大船渡の佐々木朗希投手。
4球団競合ということで、やはりプロ側の注目度は抜群だったようです。
佐々木投手については、1年生の夏に初めて見た時、ドラフト1位でプロに行ける投手と当ブログで書き込みました。
その通りに成長してくれたことを自分のことのように嬉しく思います。
佐々木投手の最大の長所は、体動の勢いで投球エネルギーを生み出せるところです。
新聞や雑誌には、怪我のリスクが高い云々書かれていますが、体全体を使って局所に負荷がかからないフォームですから、管理人的には怪我のリスクの低いフォームだと思っています。(かといって怪我をしないと言っているわけではありません。)
佐々木投手は大谷翔平投手とよく比較されますが、大谷投手の場合、肘のしなりが素晴らしい反面、体動の勢いではなく肘のしなりに頼って投球エネルギーを生み出しています。
局所に負荷をかけていることがずっと気にかかっていて、大谷投手にはもっと体動の勢いで投げるようにしつこくコメントしていたように記憶しています。
佐々木投手の完成度は実はすでに高いレベルにあり、プロで活躍するまでにそれほど時間を要さないと思っています。
ぜひとも新人王を狙っていただきたいと思いますし、日本一、さらには世界一と言われる投手に成長できると楽しみにしています。
最後に、管理人だけ言うのかもしれませんが、実は佐々木投手は打者としても素晴らしい才能を持っているので、大谷投手のように二刀流を模索していただきたいなあという願望も持っています。

巨人のドラフト1位では、青森山田の堀田賢慎投手が指名されました。
堀田投手は花巻北中出身だそうです。
管理人は、堀田投手の投球を生観戦したことはありませんが、映像で見ると、ダイナミックで躍動感溢れるフォームに惚れ惚れしました。
まさに管理人好みの力投型ですね。
岩手のチームにもこういう投手がもっと増えて欲しいと思っています。

ヤクルトの3巡目には盛大附属ー創価大の杉山晃基投手が指名されました。
杉山投手は、高校時代の印象では真上から投げ下ろす正統派の本格派で、糸を引くような伸びのある速球が印象的でした。
大学に入って体がだいぶ大きくなりましたね。
即戦力として1年目から大活躍していただきたいです。

ソフトバンクの育成1位では、黒沢尻工の石塚綜一郎投手が指名されました。
石塚選手は、1年時からチームの主力として活躍していましたから、管理人も何度も生観戦しました。
フィジカルが強く、ずっとプロを狙える選手だとブログで書き込んでいました。
バッティングはフォロースルーを生かしてスイングしていますので、木製バットにもスムーズに順応できそうですし、キャッチングも力強く、握力も相当強いのでしょう。
捕手としての肩の強さも素晴らしいです。
育成での指名は管理人的にも不満ですが、ソフトバンクは実力至上主義が特に貫かれている球団だと言われていますので、反骨心を忘れずに一軍を目指していただきたいと思います。


管理人がブログを続けているモチベーションは、岩手県勢の全国制覇もさることながら、球児の夢であるプロ野球選手の道に岩手から一人でも多く進んでもらうことです。
本来、ナショナリズムを煽るような団体競技にはあまり興味が湧かない性分でして、基本的には個人にスポットを当ててスポーツを楽しむのが管理人のスタイルだったりします。
個人の夢の結晶が甲子園であり、プロ野球選手という考え方をしています。
なので、勝った負けたで大騒ぎするのは甲子園での岩手県勢の試合だけで、それ以外は勝敗そっちのけで選手の動きだけを追いかけています。
ブログで紹介した選手が成長してプロ野球へ進むと、自分のことのように嬉しくなる管理人です。
自分の夢と球児の夢を重ね合わせながら試合を観戦しています。
自分がこの選手をプロ選手へ成長させるんだという、ある意味傲慢な願望を持ってコメントを記載している面が多分にあります。
そして、そういう性分だからこそ、こういうブログを続けられるのだろうと自分で思っています。

posted by ティト at 22:54| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]