2019年09月22日

9月21日 高校野球観戦記 その2

9月21日

秋の高校野球県大会準決勝 県営球場第2試合
盛大附属 6−4 盛岡商 (延長10回)

延長までもつれる逆転再逆転の息が詰まるような熱戦。
膠着状態を打開する長打に活路を見出そうとする盛大附属が、計3本のホームランで盛岡商を振り切りました。


<盛大附属>
・投手
石井駿大朗 先発完投
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作りつつ担ぐように振りかぶった後に爆発的に腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をグイグイ投げ込む本格派タイプです。
ボールの抑えがしっかりと効いており、安定感のある投球を見せましたね。
胸をしっかりと張って上体の倒し込みを投球に生かせているのは好印象。
あとは蹴り足をもっと意識して下半身の体重移動を投球に乗せられるようになれば、さらなる球威アップを見込めるでしょう。
速球の球速は、最速140kmの表示。

打線
毎年強力打線を作り上げる盛大附属ですが、現時点では相手を威圧する迫力は感じませんでした。
とはいえ、ホームラン3本は見事です。
全体的に選手の線が細く、まだまだ発展途上といった感じでしょうか。
今後の成長を追いかけたいと思います。

板橋健太郎 右投右打
初球の速球を思いっきり振り抜いてレフトオーバーの逆転ツーランホームランを放ちました。
打線全体が低調の中、まさに価千金の一発だったように思います。

塚本悠樹 右投右打
速球をジャストミートし、左中間最深部にホームランを放ちました。

石井駿大朗 右投右打
低めの速球をドンピシャのタイミングで捕らえた打球は、打った瞬間にわかるレフト場外へ消える特大の一発となりました。
自らを助ける貴重な追加点を挙げ、延長10回を投げきりましたね。

守備
捕球ミスや悪送球が多く、余計な点を与えてしまったのは大きな反省材料でしょう。


<盛岡商>
・投手
櫻庭悠空 先発完投
ゆったりとした始動から、重心を落としながら前へ体重移動しつつコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
機敏性があってセンスが良さそうなので、筋力が増せば楽しみです。
ピンチでも淡々として落ち着いていますし、度胸がありそうな1年生ですね。
今日は、ツーアウトランナーなしから余計な四球を出した後の初球のど真ん中をヤマを張られて痛恨の逆転ホームランを許してしまいました。
この悔しさを忘れずに成長してもらいたいと思います。

打線
好機は何度もありましたが、送りバント失敗などで点を取り切れなかった感じです。

守備
問題なし。
見事な連携プレーで先の塁を許さないプレーもあり、集中力の高さを発揮していました。



posted by ティト at 00:13| 岩手 ☁| Comment(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
盛岡商業の櫻庭君、残念ながら東北大会出場はなりませんでしたが、来春以降の成長が楽しみですね。
盛附の大久保投手が決勝で花巻東相手に完投したのは見事でした。石井投手との二枚看板で何とかセンバツ切符を手にして欲しいです。
塚本君の長打力にも大いに期待してます。
地元開催の東北大会、今から楽しみです。
Posted by 秋ファン at 2019年09月23日 13:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。