2019年09月22日

9月21日 高校野球観戦記 その1

9月21日

秋の高校野球県大会準決勝 県営球場第1試合
花巻東 11−6 一関学院

実力派チーム同士の激しい打撃戦。
序盤の一気の攻勢で大量リードを奪った花巻東に対し、一関学院も猛烈に反撃して追いすがります。
終盤まで要所ではガッチリと守った花巻東が、一関学院の粘りを振り切って勝利をつかみました。

<花巻東>
・投手
小野寺輝 1回〜5回
常時セットポジションから、スムーズな体の回転とともにしなやかに腕を振る左上手。
糸を引くような伸びのある速球と多彩な変化球を四隅に投げ分けます。
フォームバランスが良く体勢が崩れないので、キャッチャーミットにボールが吸い込まれるような投球が目を引きました。
機敏性と躍動感をもっと意識できれば、素晴らしい投手に成長できると思います。
速球の球速は、最速135kmの表示。
花巻東の投手に共通して言えることとして、写真で見れば綺麗なフォームであることは間違いありませんが、動作スピードに欠ける傾向があり、体動の勢いを投球に乗せられないのが課題でしょう。
体動の勢いを利用しないフォームにこだわると、結局踏ん張って投げないとエネルギーを生み出せないので、スタミナを浪費してしまいますし、球威アップにも限界が見えてしまいます。
大谷翔平投手のように、腕のしなりだけで球威を生み出せる投手は、常人の範疇に収まらないレアケースなので、こういう投手のフォームをベースとした投手育成はすべきでないと管理人は考えています。

松本遼大 6回〜9回
常時セットポジションから、担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と落差のある変化球に角度のある本格派タイプです。
一見してポテンシャルの高さがうかがえる逸材ですが、下半身の体重移動が不足し、体の回転に頼っているため、ボールにウエートが乗り切っていないのが課題でしょう。
踏み出しの勢いを意識できれば、球威はグンと増すと思います。
全国クラスの投手への成長を期待しています。
速球の球速は、最速138kmの表示。

打線
野手の間を鋭く抜く安打を量産して点を積み重ねました。
長打がいつでも出そうな威圧感というのはない感じですが、踏み込みが良く、振り遅れることなく広角に打ち分ける確実性の高い打撃を見せていました。
中盤の相手投手交代から押せ押せムードがピタッと止まってしまったのは反省点ですが、秋の段階での底力としては相当高いものがあると感じました。
花巻東については、とにかく踏み込み踏み込みとしつこく言い続けてきましたが、その効果が表れたのかもと喜んでいる管理人です。
あとはウエートトレーニングでパワーを追い求めていけば、迫力が身についてくると思います。

水谷公省 右投左打
高めの速球を振り抜いてライトフェンス最上部に直撃した打球の速さに驚きました。
広角打ち分ける技術もありますし、総合力の高い強打者として順調に成長していますね。

守備
問題なし。


<一関学院>
・投手
菅原諒太 1回〜2回
素早く始動し、機敏な体重移動とともに鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
管理人好みの機敏で小気味よい投手です。
体動の勢いを投球に生かせていますが、もっと胸を張って反発力を生かせるようになれば、球威はまだまだ増してくると思います。
速球の球速は、最速133kmの表示。

鈴木壮浩 3回
ゆったりとした始動から、担ぐように素早く振りかぶって勢いよく腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
悪い投球ではなかったと思いますが、相手打線は合わせてきましたので、今後の課題としては球種を増やして的を絞らせない投球スタイルを身につける必要があるでしょう。
まだ1年生で、今後の進化が非常に楽しみです。

小綿大斗 3回途中〜8回途中
特長は前回の観戦記に記載のとおり。
投球動作の速いやや変則的なフォームですが、指先感覚に優れている感じで、速球も変化球もコーナーにビシビシと決まっていました。
勢いづいた相手打線の勢いを止める素晴らしい火消しの投球でしたね。
ゆったりとしたフォームが良いという指導者は多いですが、管理人は機敏なフォーム推進派で、こういう小気味よい投手が大好きです。
速球の球速は、最速131kmの表示。

佐藤弘平 8回途中〜9回
特長は初戦の観戦記に記載のとおり。
躍動感をボールに乗せようとしているのは好印象です。
テンポの良さが光りますね。
まだ線が細い感じですので、これからの筋力アップでまだまだ球威は増してくるでしょう。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
いつも通りファーストストライクを狙う打撃は徹底されていました。
長所としては中途半端なく振りにいけることですが、難しいボールを追いかけるバッティングを繰り返してしまうリスクが常につきまといます。
今日は、狙うコースは絞れていたようで、崩されるようなバッティングはしていませんでした。
こういう方向性でいくのであれば、もっとウエートトレーニングに力を入れて威圧感を身につける必要がありますし、狙いにいきながらも際どいボールを見逃せる選球眼も必要です。
今後の進化を大いに期待しています。

守備
もったいない捕球ミスからビッグイニングにつなげられてしまったのが非常に痛かったですね。
全体的には、野手の動きは軽快ですし、ビシッとした送球も素晴らしいです。

posted by ティト at 00:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]