2019年08月31日

8月30日 高校野球観戦記 その2

8月30日

秋の高校野球花巻地区予選 花巻球場第1試合
遠野緑峰 9−3 三校連合(紫波総合・水沢農・雫石)

相手のミスに乗じて安打を集めた遠野緑峰が、粘り強く守りながらリードを広げる展開でした。

<遠野緑峰>
・投手
菊池浩希 1回
常時セットポジションからゆったりと始動し、体の回転とともにコンパクトに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、重そうな速球を低めに集める投球が持ち味のようです。
今日は悪天候もあって制球が安定せず、ピンチを招いてしまった感じです。

菊池優雅 1回途中〜9回
素早く踏み出し、コンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球主体に打たせて取る投球を見せました。
ロングリリーフお見事です。

打線
相手のミスに安打を絡めて効率良く点を取りました。
盗塁もうまく決まりました。

守備
問題なし。


<三校連合>
・投手
鈴木秋則 先発完投
機敏に振りかぶり、爆発的に腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
力感があって馬力のある小気味よい投手ですね。

打線
頻繁に走者が出ましたが、もうひと押しできないままイニングが進んでしまいました。

守備
捕球ミスと悪送球が重なり、常に相手にリードを許す展開になってしまいました。



posted by ティト at 01:19| 岩手 ☁| Comment(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さん、ご無沙汰してます。2年ぶりの投稿です。昨年の今ごろは腰痛に悩まされ、秋の大会は一度も見れませんでした。
今年もやはり腰痛に悩まされていますが、昨年ほどではないので、今日9月21日秋の県大会の準決勝を観戦してきました。
花巻東と盛附が決勝に進出しましたが、私の印象に強く残ったのは、盛岡商業の櫻庭投手です。センスがいいといいますか、球速はさほどでもありませんが、とにかくコントロールと変化球をうまく使って、盛附の強打戦を手玉にとってました。惜しくも延長戦で力尽きましたが、まだ、三位決定戦が残ってます。明日の投球も楽しみです。
Posted by 秋ファン at 2019年09月21日 15:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。