2019年08月31日

8月30日 高校野球観戦記 その1

8月30日

秋の高校野球花巻地区予選 花巻球場第1試合
花巻農 9−6 花巻北

取って取られての打撃戦。
常に先行した花巻農が、主導権を渡さずに逃げ切りました。

<花巻農>
・投手
遠藤悠音 1回〜7回途中
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作りつつしなやかに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
鞭のようにしなやかに腕か遅れて振られてくるので、速球は糸を引くように伸びる球質ですね。
鋭い変化球を身につけられれば非常に楽しみな将来有望な1年生です。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

藤原奏良 7回途中〜9回
担ぐように素早く振りかぶり、コンパクトに腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、ドロンとしたスローカーブを有効に使って打者のタイミングを外す投球を見せました。
力感はまだ不足していますが、とらえどころのない投球が持ち味の1年生です。

打線
頻繁に先頭打者が出塁し、押せ押せムードを作ることができました。
盗塁やバントもうまく決まりましたね。

守備
問題なし。


<花巻北>
・投手
武田斗和 先発完投
ゆったりとした始動から、機敏に振りかぶってコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
胸の張りがやや不十分ですが、体重移動でボールにウエートを乗せようとする意識がうかがえたのは好印象です。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

打線
好機は何度もありましたが、ビッグイニングを作ってたたみかけるには至らなかった感じです。

守備
問題なし。

posted by ティト at 01:11| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]