2019年08月28日

8月26日 高校野球観戦記 その1

8月26日

秋の高校野球北奥地区予選 森山球場第1試合
水沢工 8−1 黒沢尻北 (8回コールド)

好機を着実にモノにする水沢工が、ジワジワと点を積み重ねる展開でした。

<水沢工>
・投手
高橋知聖 先発完投
ゆったりとした始動から、大きく振りかぶって力強く腕を振るう振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者に的を絞らせない投球を見せました。
踏み出しがやや安定せず、パワーロスが見られましたが、全身を使って躍動感を生かす意識がうかがえたのは好印象。
捕手に向かって真っ直ぐ踏み出すことを意識しながら、胸をもっと張って反発力を生かせるようになれば、スムーズにボールにウエートが乗って球威がグンと増してくるでしょう。
機敏で野球センスが高そうなので、今後の進化を楽しみにしています。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

打線
甘いボールはしっかりとフルスイングしています。
要所でのスクイズも決まり、効率良く点を取りましたね。

守備
問題なし。


<黒沢尻北>
・投手
渡邉公平 1回〜5回途中
ゆったりとした始動から、やや上体をひねってタメを作りつつスムーズに腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外します。
制球が良く、安定感がありますね。
筋力が増せば非常に楽しみな1年生です。

星知輝 5回途中〜6回途中
スムーズに振りかぶり、鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と緩急2種類の変化球をテンポ良く投げ込みます。
筋力が強そうで、軽々と力のあるボールを投げていました。
資質の高さが一見してわかる楽しみな1年生です。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

小原想 6回
体の回転を生かしながらコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球を投げ込みます。
あまりじっくりとは見られませんでしたが、地肩が強そうな1年生です。

山田捷人 6回途中〜8回
常時セットポジションか、素早く振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と大きく曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
本職は野手のようですが、変化球でもしっかりと腕を振れるのが好印象です。
地肩がかなり強そうで、将来楽しみな1年生です。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

打線
なかなか安打がつながらず、ビッグイニングへ持っていけなかった感じです。

守備
プレーからプレーへのつなぎにややもたつく傾向がありました。
捕ってから考えるのではなく、常に次に起こり得るプレーをイメージする意識が必要だと感じました。

posted by ティト at 23:08| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]