2019年08月24日

8月24日 高校野球観戦記 その2

8月24日

秋の高校野球盛岡地区予選 県営球場第2試合
盛岡中央 6−2 盛岡三

常に先行して徐々に引き離した盛岡中央が、ガッチリと守って逃げ切りました。

<盛岡中央>
・投手
藤本凱哉 先発完投
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつ力強くコンパクトに腕を振る左上手。
伸びのある速球主体に押す本格派タイプです。
今日はほぼ速球の力で押し切りましたが、変化球で打者のタイミングを外す投球を身につけられれば、要所で三振を取れる投手に成長できると思います。
速球の球速は、最速133kmの表示。

打線
ファーストストライクを積極的に狙うスタイル。
連打が続く場面と、ボールを追いかけて崩されてしまう場面とが行ったり来たりの展開だったように思います。
もう少し精度が高まれば、得点力はグンと増してくるでしょう。

守備
問題なし。


<盛岡三>
・投手
後藤謙介 1回〜5回
常時セットポジションから、素早く振りかぶってスムーズにコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で打者に的を絞らせない投球が持ち味です。
フォームバランスが良く、安定感が光りました。
速球の球速は、最速130kmの表示。

利府寛太 6回〜9回
常時セットポジションから、担ぐように振りかぶって真上から投げ下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
本職は野手のようですが、地肩が強く、軽々と力のあるボールを投げられますね。
速球の球速は、最速130kmの表示。

打線
バッターボックスの後ろに立ってじっくりとボールを見極めるスタイル。
戦術は悪くありませんが、選球眼に気を取られてやや振り遅れてしまう傾向がありました。

守備
出足が遅れてアウトにできる打球を安打にしたり、細かい捕球ミスなどで余計な失点がありました。
全体的には野手の動きは軽快です。

posted by ティト at 23:34| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]