2019年08月24日

8月24日 高校野球観戦記 その1

8月24日

秋の高校野球盛岡地区予選 県営球場第1試合
盛岡農 15−5 江南義塾盛岡 (8回コールド)

相手守備の乱れに乗じながら安打を絡める盛岡農が、着々と加点していく展開となりました。

<盛岡農>
・投手
工藤奏太 1回〜7回
ゆったりとした始動から、素早く振りかぶって機敏な踏み出しとともにコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込みます。
1年生ですが、機敏性と躍動感をボールに乗せる意識がうかがえたのは好印象です。
筋力アップで大きく成長できる好素材だと思います。

武田健介 8回
常時セットポジションから、素早く振りかぶってコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
胸の張りが不十分で反発力をいかせていないのが課題ですが、機敏で馬力がありそうな好素材ですね。

打線
好球必打の積極的な攻撃が持ち味のようです。
常に先の塁を狙う機動力も駆使して貪欲に点をもぎ取りましたね。

守備
ライナーの目測を誤る場面があったり、もったいない悪送球からの余計な失点がありました。
細かい捕球ミスも目立ちました。


<江南義塾盛岡>
・投手
太田稜 1回〜4回途中、5回〜8回途中
常時セットポジションから、踏み込みと上体の倒し込みを意識して丁寧に投げる左上手。
球威は押すタイプではありませんが、1球1球バランスを確かめながら投げている感じですね。
力感と機敏性が不足していますが、まだ1年生ですので、今後のパワーアップを期待しています。

田澤環太 4回〜8回
左足をしっかりと上げ、踏み込みを意識しつつ担ぐように振りかぶってから腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、速球を低めに集めて打たせて取る投球が持ち味のようです。
ボールが指にかかりすぎてカウントを苦しくしてしまう傾向はありましたが、フォームバランスが良く、センスの高さがうかがえました。

打線
ファーストストライクを積極的に狙う攻撃を見せました。
好機にうまくたたみかけて効率良く点を奪いました。

守備
全体的に出足の遅れが目立ちました。
瞬発的に動いてビシッと投げる意識付けがもっと必要だと思います。



posted by ティト at 23:25| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。