2019年07月24日

7月24日 高校野球観戦記 その2

7月24日

夏の高校野球県大会準決勝 県営球場第1試合
大船渡 5−0 一関工

日本最強高校生佐々木朗希投手の快投。
3塁を踏ませない完封となりました。

<大船渡>
・投手
佐々木朗希 先発完投
特長は先日記載のとおり。
序盤に打撃の援護があり、省エネピッチングで終盤までスタミナ切れの気配がありませんでしたね。
追い込んでからの変化球のキレが半端なく、次々と三振積み重ねていきました。
最終回でも速球は150km台の球速が出ており、完投しながらも余力を残しているように見えました。
このような素晴らしい投手を間近で見られることに幸せを感じている管理人です。
速球の球速は、最速157kmの表示。

打線
序盤に相手のミスをうまく点につなげました。
中盤以降、難しいコースを強引に打ちに行く傾向が見られ、好機をモノにできない展開が続いたのは反省材料でしょう。

守備
問題なし。


<一関工>
・投手
平野拓夢 1回〜6回
特長は先日記載のとおり。
序盤に際どいコースが外れて四球を出し、うまく安打をまとめられてしまった感じですが、全球種を駆使して相手にジャストミートは許さない投球を見せました。
4回以降はあと1本を許さないナイスピッチングだったと思います。

金子慎吾 7回〜8回
特長は先日記載のとおり。
本来の球威はない感じで、連投の疲れはあるように見えましたが、ボールの抑えが効いており、コースを突いて打たせて取りました。
持てる力を残さずに発揮していたように思います。
速球の球速は、最速134kmの表示。

打線
全国屈指の相手本格派の球威にやや力負けしてしまい、三振を多く取られてしまいました。
なかなか点を奪う雰囲気に持っていくことができなかった印象です。

守備
強い打球にフリーズして打球を弾いてしまう場面がありました。
序盤の失点が重くのしかかる試合となってしまった感じです。

posted by ティト at 23:16| 岩手 ☁| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆さんお久しぶりです
BS朝日で放送してくれていたので
ライブで見ることができました
佐々木くんのおかげかな

正直佐々木くんにも甲子園来て欲しかった。
生で見たかった
でもモチロン花巻東が来てくれてもとっても嬉しい
今の岩手の高校野球を引っ張ってくれてるのは
花巻東だから

これで10回目の出場
福岡と盛岡大府に並んだかな(間違ってたら。すいません)

大船渡の選手お疲れ様 そして佐々木くん
甲子園で投げる姿がとっても、かっこ良さそうだから
阪神タイガース来てみてはどうですか?(笑)

そして花巻東のみんな 今回の決勝はやりにくかったかな?
全国に行って
岩手に花巻東ありを見せつけてやりましょう
チサンホテルで待ってるぜ
あー今から楽しみだー
Posted by 和泉 at 2019年07月25日 15:44
管理人さん、皆さん、和泉さん、こんにちわ!

甲子園練習“イの一番”のハナトー、幸先いぞ!

西舘投手から“オーラ”が立ち上っておりました。

これはやってくれますゾ!?和泉さん、ヨロシク!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2019年08月02日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]