2019年07月24日

7月24日 高校野球観戦記 その1

7月24日

夏の高校野球県大会準決勝 県営球場第1試合
花巻東 11−5 黒沢尻工

逆転の応酬となった壮絶な打撃戦。
投手交代のタイミングでたたみかけた花巻東が、4点のビハインドをはね返して勝利をつかみました。

<花巻東>
・投手
中森至 1回〜4回途中
特長は先日記載のとおり。
球威で圧倒する感じではありませんが、あらゆる球種を駆使してバットの芯を外す投球を見せました。
クリーンヒットを連発されたわけではありませんが、内野の頭を越えるしぶとい安打を集められてしまった感じでした。
速球の球速は、最速134kmの表示。

西舘勇陽 4回途中〜9回
特長は先日記載のとおり。
球威抜群のボールがビシビシと決まっていました。
リードされた場面での登板で、1点もやれない緊張感があったと思いますが、完璧とも言えるナイスピッチングでしたね。
甲子園基準でも素晴らしい投手に成長していて嬉しくなりました。
速球の球速は、最速149kmの表示。

打線
幸先よく先制したものの、その後はなかなかミートできず、一時は4点差を追いかける苦しい展開となり、焦りがありありと見える負けパターンにハマりかけていたように思います。
思わぬ投手交代があり、そこで一気に安打をまとめてビッグイニングを作る集中力で勝利を引き寄せました。

守備
問題なし。


<黒沢尻工>
・投手
石塚綜一郎 1回〜7回途中
特長は先日記載のとおり。
連投続きで相当疲れているはずですが、力のあるボールがビシビシと決まっていました。
馬力とスタミナは素晴らしいですね。
しかし、6回にアクシデントが発生して指先を負傷したようで、その後はボールの抑えが効かずに苦しい投球になりました。
ユニフォームを血で染めながら力投しましたが、無念の途中交代となりました。
本人にとって本当に悔しいアクシデントだったと思います。
本職は野手ですが、今大会、投打で素晴らしい活躍を見せてくれました。
文句なしの逸材ですので、卒業後も野球を是非とも続けていただきたいです。 
というか、プロ志望届を提出してください。
速球の球速は、最速141kmの表示。

土屋義吾 7回途中〜8回途中
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
常時セットポジションから、担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
変化球のキレが非常に良く、これがコーナーに決まれば、相当打ちづらい投手だと思います。
速球の球速は、最速134kmの表示。

田澤潤 8回
素早く振りかぶり、勢い良く腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がる変化球をテンポ良く投げ込みます。
キレの良いボールを投げていましたが、押せ押せムードの相手打線の勢いが止まらなかった感じです。
速球の球速は、最速132kmの表示。

小田島一輝 8回
軸足でタメを作り、スムーズに振りかぶって投げ下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
コールドが頭をよぎる中で、粘りの投球だったように思います。
速球の球速は、最速131kmの表示。

小野寺前 9回
ゆったりとした始動から、軸足で充分にタメを作りつつスムーズに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球主体に打たせて取る投球を見せました。
力を振り絞って腕を振りましたね。
今後楽しみな2年生です。
速球の球速は、最速132kmの表示。

打線
序盤はタイミングの合わない凡退が目立ちましたが、4回に一挙に安打をまとめて5点を奪った集中力は見事でした。

守備
問題なし。

posted by ティト at 23:04| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]