2019年07月21日

7月21日 高校野球観戦記 その1

7月21日

夏の高校野球県大会4回戦 県営球場第1試合
一関工 6−3 花泉

取っては取られる互角の接戦。
終盤に安打をまとめた一関工が、緊迫する同地区対決を制しました。

<一関工>
・投手
金子慎吾 1回〜7回
常時セットポジションから、ゆったりと振りかぶってスムーズに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
スムーズに体重移動していますので、安定して力のあるボールを投げられるのが特長ですね。
速球の球速は、最速135kmの表示。

平野拓夢 8回〜9回
ゆったりとした始動から、軸足で十分にタメを作りつつ手首を体の後ろに隠すように捻ってコンパクトに腕を振る左足上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた伸びのある速球と落差のある変化球をコーナーに投げ分けます。
手首をこねているように見える変速フォームですが、フォロースルーはしっかりと効いており、指先感覚にも優れていますね。
盛大附属打線を抑えた実力をなるほどと納得した管理人です。

打線
先制した後、なかなか好機をモノにできない焦れる展開が続きました。
終盤に安打をまとめて勝ち越して勝負を決めましたね。

守備
野手の動き自体は軽快ですが、もったいない悪送球でピンチを招く場面がありました。
挟殺プレーのミスでの失点ももったいなかったですね。


<花泉>
・投手
千葉聖也 1回〜7回
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作りつつ体の回転とともに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と横滑りする変化球で打たせて取る投球を見せました。
四隅をしっかりと投げ分けて相手打線になかなかフルスイングを許さないナイスピッチングでした。

千葉唯斗 8回〜9回
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
力感はやや不足していますが、上体の倒し込みを利用してボールにウエートを乗せているのが好印象です。
今後楽しみな2年生ですね。

打線
好機は何度もありましたが、もうひと押しができなかった感じでしょう。

守備
問題なし。

posted by ティト at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]