2019年07月21日

7月20日 高校野球観戦記 その2

7月20日

夏の高校野球県大会4回戦 県営球場第2試合
黒沢尻工 10−3 千厩 (7回コールド)

好機を着実にモノにした黒沢尻工が、注目の好投手対決を制しました。

<黒沢尻工>
・投手
石塚綜一郎 先発完投
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球を丁寧にコースへ決める投球を見せました。
本来の球威はなかった感じですが、要所はしっかりと締める安定感がありましたね。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
バワフルな打者が多く、鋭い安打も多かったですね。
好機を着実に得点に結びつける効率の良さを発揮していました。

守備
もったいない悪送球で失点する場面はありましたが、野手の動きは非常に軽快です。


<千厩>
・投手
千葉哲太 1回〜5回
ゆったりとした始動から、体全体をいっぱいに使って爆発的に腕を振る右スリークォーター。
威力のある速球と鋭く曲がる変化球をテンポ良く投げ込みます。
それほど調子が悪いようには見えませんでしたが、際どいコースがストライクとならずに出してしまった四死球が失点に結びついてしまった感じです。
機敏で投打ともに素晴らしい野球センスの持ち主ですので、卒業後も野球を是非とも続けていただきたいです。
速球の球速は、最速142kmの表示。

千葉楽斗 6回〜7回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつ担ぐように振りかぶって真上から腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
守備の乱れで失点しましたが、粘り強いピッチングだったと思います。

打線
好機は何度もつかみましたが、ここぞの一打で点を取りきることができなかった感じです。

小林飛翔 右投右打
速球をドンピシャで捕らえ、レフトスタンドへ先頭打者ホームランを放ちました。

守備
もったいない捕球ミスが目立ち、思わぬ大量失点を喫してしまいました。
普段では考えられない緊張感が選手を包む夏の怖さが表れた試合だったように思います。

posted by ティト at 02:55| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]