2019年07月21日

7月20日 高校野球観戦記 その1

7月20日

夏の高校野球県大会4回戦 県営球場第1試合
花巻東 8−3 水沢

終盤まで凌ぎ合う展開でしたが、9回に花巻東が一気に突き放して勝負を決めました。

<花巻東>
・投手
中森至 1回〜6回途中
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作りつつ体の回転を生かして投げる左スリークォーター。
伸びのある速球と多彩な変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
右打者の外側に逃げる変化球が有効で、要所で三振を取れましたね。
速球の球速は、最速132kmの表示。

西舘勇陽 6回途中〜9回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつスムーズに力強く腕を振る右上手。
威力のある速球と多彩な変化球で三振を取れる本格派タイプです。
体重移動がスムーズになり、安定して威力のあるボールが決まっていますね。
1年時からずっと期待している投手ですが、素晴らしい投手に成長していて嬉しくなりました。
速球の球速は、最速149kmの表示。

打線
盗塁失敗やバント失敗など、無理に動いて好機をつぶしてしまう場面が目立ちました。
なかなかビッグチャンスにつなげられなかった印象です。
最終回に安打をまとめたのは見事でしたね。

田村陽大 右投左打
低めの変化球を完璧に捕らえてレフトスタンドへホームランを放ちました。

守備
問題なし。


<水沢>
・投手
新沼祐希 先発完投
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で押す本格派タイプです。
本来の球威は発揮できなかった感じですが、コースをしっかりと突いて要所を締める投球を見せました。
投打ともに資質の高い選手なので、卒業後も野球を続けていただければ嬉しいです。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
頻繁に好機がありましたが、ここぞでたたみかけられなった感じです。
じっくりとボールを見極める戦術だったものの、追い込まれてからの三振が目立ってしまいました。

守備
問題なし。

小野寺陽紀 二塁手
守備範囲が広くボディバランスが非常に良いですね。
楽しみな1年生です。



posted by ティト at 02:39| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。