2019年07月17日

7月16日 高校野球観戦記 その1

7月16日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第2試合
大船渡 14−0 遠野緑峰 (5回コールド)

大船渡打線が序盤から爆発。
一気呵成に攻め、ガッチリと守って勝負を決めました。

<大船渡>
・投手
佐々木朗希 1回〜2回
常時セットポジションから、勢いよく左足を上げて体動のエネルギーを作ってから力強く腕を振る右上手。
威力抜群の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を量産する投球でした。
完投や連投を視野に入れているようで、マックスの力感から比べると、おそらく6割位の出力で投げているように見えました。
それでも、管理人が感心したのは、出力を調整しているのはあくまで腕の振りのみで、体動の勢いは維持していたところです。
前に、省エネ投法を志向するにしても、体動の勢いを緩めるのは悪手であると記事でコメントしましたが、それを見ていてくれたのかもと嬉しくなりました。
出力を調整しながらも生きたボールが決まっていました。
指先感覚の狂いもなかったですね。
こういう投球スタイルであれば、スタミナ切れのリスクはそれほど心配ないように見えました。
例えば、菊池雄星投手と大谷翔平投手は、高校時代にこのように出力を調整する投球はできていなかったはずです。
佐々木投手の完成度の高さは、高校生としてはずば抜けていると思います。
速球の球速は、最速147kmの表示。

大和田健人 3回〜5回
常時セットポジションからゆったりと振りかぶり、体の回転とともに勢いよくコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
体動の勢いがボールに乗っていますので、ビシビシと捕手のミットにボールが吸い込まれるような球質ですね。
速球の球速は、最速131kmの表示。

打線
緩急に崩されす、緩いボールにもしっかりと合わせてきました。
序盤から安打を積み重ねて押せ押せムードを作れていましたね。

佐々木朗希 右投右打
緩いボールを待って合わせた打球がライトオーバー。
この1打だけでも、並外れたセンスの煌きが凝縮されていました。

守備
問題なし。


<遠野緑峰>
・投手
菊池優雅 1回〜2回途中
ゆったりとした始動から、素早く体を回転させてコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
うまく緩急は生かせてジャストミートは防ぎましたが、相手打線にしぶとく合わされてしまった感じです。
機敏でセンスの良さそうな1年生です。

佐々木康成 2回途中〜5回
ゆったりと始動し、担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味のようです。
まだ1年生で力感が不足していますが、腕の振りがしなやかでセンスの良さか見て取れました。

打線
とにかくファーストストライクを狙うスタイルで威力のあるボールに食らいつく姿勢を見せましたが、ややねじ伏せられてしまった感じです。

守備
打球を見てから動く傾向があり、アウトにできる打球を逃してしまう場面が目立ちました。

posted by ティト at 01:59| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]