2019年07月11日

7月11日 高校野球観戦記 その1

7月11日

夏の高校野球県大会1回戦 県営球場第1試合
花巻北 2−0 葛巻

1点を争う息詰まる投手戦。
機動力でもぎ取った点を守りきった花巻北が、開幕試合を制しました。

<花巻北>
・投手
長沼凌太郎 先発完投
常時セットポジションからゆったりと振りかぶり、軸足のタメを生かしつつしなやかに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、しっかりと抑えの効いた速球と落差のある変化球で打者に的を絞らせない投球を見せました。
重心が崩れないので、制球が良く安定感がありますね。

打線
好機にあと1本がなかなか出ない焦れるような展開。
積極的な走塁からもぎ取った得点が光りました。

守備
問題なし。


<葛巻>
・投手
林下玲 先発完投
機敏な体動から、力強い蹴り足とともに爆発的に腕を振る左上手。
威力のある速球と落差のある変化球をグイグイ投げ込みます。
踏み出しがやや不安定なのが気になりましたが、筋力を投球に乗せる躍動感あふれる投球でした。
まだ荒削りながら、非常に資質の高い投手だと思います。
こういう逸材を育ててみたいと思ってしまいました。
必ず伸びる投手ですので、卒業後も野球を続けていただきたいです。
速球の球速は、最速134kmの表示。

打線
ファーストストライクを積極的に狙うスタイルですが、難しいボールに手を出してしまう場面が目立ちました。
好機はありましたが、ここぞの1本が出なかった感じです。

守備
アウトを狙ってのチャレンジ的なミスはありましたが、精一杯のプレーを見せてくれました。

posted by ティト at 20:41| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]