2019年05月20日

5月18日 社会人野球観戦記 その3

5月18日

都市対抗野球岩手予選準決勝 花巻球場第3試合
トヨタ自動車東日本 12−0 オール江刺 (7回コールド)

相手のミスに乗じて着実に点に結びつけるトヨタ自動車東日本が、じわじわとリードを広げる展開でした。

<トヨタ自動車東日本>
・投手
鷹羽信貴 1回〜5回
常時セットポジションから、上体をややひねって回転力を生かして力強く腕を振る右スリークォーター。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
今後の躍進が楽しみなルーキーですね。
速球の球速は、最速145kmの表示。

菅原倭 6回
常時セットポジションから、軸足でタメを作った後に勢い良く腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と緩急2種類の変化球で打者にフルスイングさせない投球を見せました。
久しぶりに見ましたが、当然ながら、高校時代と比べて力強さが増していますね。
貴重なサウスポーとして、チームの大きな戦力でしょう。
速球の球速は、最速136kmの表示。

佐々木大和 7回
常時セットポジションから、軸足でタメを作った後に勢い良く腕を鋭くコンパクトに振る右スリークォーター。
威力のある速球と緩急2種類の変化球で三振を取れる本格派タイプです。
胸の張りがやや不十分で、腕のしなりが効いていない感じはしますが、馬力は素晴らしいですね。
高校野球以来、久しぶりに見ましたが、今後の成長を楽しみにいたします。
速球の球速は、最速140kmの表示。

打線
この試合も機動力で走者が塁を進め、小刻みに加点する展開。
俊足の選手が揃っていますね。
そのプレッシャーからか、相手がミスを連発してビッグイニングも作ることができました。

守備
問題なし。


<オール江刺>
・投手
関勝人 1回〜4回途中
ゆったりとした始動から、上体をややひねってタメを作った後にコンパクトに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球との緩急を生かして打たせて取る投球を見せました。
安定感のある勝てるタイプの投手でしょう。

小山哲朗 4回途中〜5回
担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、落差のある変化球をうまく交えて打者のタイミングを外す投球を見せました。

菊地智己 6回
特長は前記事記載のとおり。

打線
相手投手の球威にやや力負けの傾向がありました。
要所で三振を取られ、ホームが遠かった印象です。

守備
細かい捕球ミスが目立ち、それが失点につながる流れの悪い展開。
結果的に7失策となり、思わぬ大量失点となってしまいました。



posted by ティト at 00:59| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。