2019年05月20日

5月18日 社会人野球観戦記 その2

5月18日

都市対抗野球岩手予選準々決勝 花巻球場第2試合
オール江刺 4−3 矢巾硬式クラブ

小刻みに加点してリードしていくオール江刺に対し、矢巾硬式クラブが終盤に猛追して手に汗握る展開に。
最後はピンチを凌いだオール江刺が勝利をつかみました。

<オール江刺>
・投手
菅原祥 1回〜7回
常時セットポジションから、素早く体を回転させて鋭くコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がる変化球で打たせて取る投球を見せました。
球威は全盛時ほどではないながらも、豊富なキャリアで打者を打ち取る投球術は素晴らしいですね。

菊地智己 8回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつ爆発的に腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
高校時代からの主武器であるスライダーのキレは抜群ですね。
速球の球速は、最速132kmの表示。

打線
相手のミスなどもあり、小刻みに点を取っていきました。
たたみかけられる場面でたたみかけられなかったのは反省材料でしょう

守備
問題なし。


<矢巾硬式クラブ>
・投手
細川潤 1回〜5回
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動しながら鋭く腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
フォームバランスが良いので、要所で力を込めても体勢が崩れないのが長所ですね。
速球の球速は、最速132kmの表示。

岩舘圭佑 6回〜7回
常時セットポジションからゆったりとした始動し、軸足でタメを作った後に力強く右上手足を蹴って勢い良く腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と緩急2種類の変化球で的を絞らせない投球を見せました。
要所で変化球をしっかりと低めに投げていましたね。
速球の球速は、最速133kmの表示。

南幅大地 8回
ゆったりと振りかぶり、体の回転とともにコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。

打線
好機は何度もありましたが、ここぞの集中打が足りず、あと一歩で涙をのみました。

守備
捕れそうな打球を捕れずに失点するなど、球運に恵まれなかったです印象です。



posted by ティト at 00:43| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。