2019年05月20日

5月18日 社会人野球観戦記 その1

5月18日

都市対抗野球岩手予選準々決勝 花巻球場第1試合
トヨタ自動車東日本 11−0 一戸桜陵クラブ (7回コールド)

3回からの観戦です。
中盤以降に安打をまとめたトヨタ自動車東日本が、リードを広げつつガッチリと守る盤石の試合運びを見せました。

<トヨタ自動車東日本>
・投手
千葉英太 〜6回
常時セットポジションから、軸足で十分にタメを作りつつバランス良く体を回転させてしなやかに腕を振る右上手。
威力十分の速球と鋭く曲がり落ちる変化球でグイグイ押す本格派タイプです。
2年ぶりに見ましたが、投球スタイルはだいぶ変わっていますね。
高校時代は躍動感を思いっきりボールに乗せる力投型でしたが、今は体動を極力控えてブレを抑えようとする意図がうかがえました。
管理人的には、高校時代のフォームの方が好みではありますが。
筋力は増していますので、球速は安定して出ているものの、バッタバッタと三振を奪うような威圧感は目減りしているのが気になりました。
それでも、高卒2年目の時点で、岩手の社会人屈指の好投手であることは間違いありません。
千葉投手は制球に苦しむタイプではありませんし、もっと下半身の体重移動をボールに乗せてダイナミックに投げ込む投球を見たいと思います。
プロを狙う視点で話していますので、厳しめなコメントはご容赦願います。
速球の球速は、最速143kmの表示。

赤堀壮 7回
常時セットポジションから、スムーズに体重移動しながらしなやかに腕を振る左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
あまりじっくりとは見られませんでしたが、鞭のように腕がしなるので球持ちが良く、速球は球速以上にグンと伸びてくる球質ですね。
速球の球速は、最速130kmの表示。

打線
振り回さずコンパクトにミートする打撃が徹底されていました。
盗塁を積極的に狙ってきますし、常に先の塁を狙う意識もうかがえました。
したたかな野球は素晴らしいですが、全国上位を目指すためには、もっと迫力や威圧感が欲しいと感じました。

守備
問題なし。


<一戸桜陵クラブ>
・投手
米沢将矢 〜5回
ゆったりとした始動から、素早く踏み込んでコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球落差のある変化球との緩急で打たせて取る投球を見せました。
制球が良く、大崩れしそうにない安定感がありますね。

川向紀世彦 6回
常時セットポジションから、やや上体をひねってタメを作りつつダイナミックに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、重そうな速球主体に打たせて取る投球を見せました。
久しぶりに見ましたが、社会人でも野球を続けている姿を見て嬉しくなった管理人です。
高校時代は、投打ともに才能を感じさせるいわゆる二刀流選手でしたね。

坂井優也 6回
担ぐように素早く振りかぶり、コンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味のようです。

打線
惜しくも点は取れませんでしたが、各打者とも、本格派投手相手に当てにいくのではなくしっかりと振り切っていましたね。

守備
問題なし。



posted by ティト at 00:33| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。