2019年05月17日

5月17日 高校野球観戦記 その1

5月17日

春の高校野球県大会1回戦 八幡平球場第1試合
盛岡四 8−1 宮古 (7回コールド)

3回からの観戦です。
相手のミスに乗じてたたみかけた盛岡四が、投手を中心にガッチリと守り切る展開となりました。

<盛岡四>
・投手
山崎諒 先発完投
ゆったりとした始動から素早く振りかぶり、機敏に上体を倒し込みなからコンパクトに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球主体にブレーキの効いた変化球で三振を奪う投球を見せました。
まだ線が細く力感が不足していますが、動作が機敏で軽々と伸びのあるボールを投げていました。
もっと蹴り足と踏み込みを意識して下半身の体重移動をボールに乗せられるようになれば、球威はグンと増してくると思います。
資質の高さはうかがえる楽しみな2年生です。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

打線
有利なカウントからでも体勢を崩してボールを追いかけてしまう傾向がありました。
カウントに関わらず積極的に打って出るスタイルなのでしょうが、投手目線で、四球を気にせず投げられる感じです。
盛岡四と一関学院にはいつも同じようなことを書いている気がしますが、打ち損じが安打になる結果オーライの野球を見つめ直す必要はあると思います。

高見怜人 右投左打
低めの速球にタイミングを合わせて振り抜いた打球が、ライナーで右中間スタンドに飛び込みました。

守備
問題なし。


<宮古>
・投手
阿部太洋 1回〜5回
常時セットポジションからゆったりと振りかぶり、テークバックを生かしてしっかりと腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で的を絞らせない投球が持ち味です。
キレの良い変化球の精度が高く、速球待ちの打者だとなかなか打ちづらい投手でしょう。
勝てる投手の条件を備えていますね。

阿部結翔 7回途中〜8回
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作って蹴り足を生かしながら鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球を低めに集める投球を見せました。
まだ2年生で線が細い感じですが、地肩が強く、一見して資質は高いですね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

打線
崩されてスイングしてしまう場面が目立ち、なかなかミートできない展開が続いてしいました。
好機はありましたが、連打をまとめることができなかった感じです。

守備
捕球ミスが目立ち、余計なピンチを招いてしまいました。
打たれたというよりは、ミスからのもったいない形でビッグイニングを献上してしまった感じです。

posted by ティト at 22:58| 岩手 ☀| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さん、皆さん、おはようございます!

四高の山崎投手、東北大会でどこまでやれるか、楽しみですね!

管理人さん、いつもインプレッション、有難うございます!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2019年06月01日 05:28
四高、いきなり青森山田!(苦笑)

強豪上等、下剋上だ!頑張れー!!


Posted by 牧場の投手カトリ at 2019年06月03日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]