2019年05月07日

5月7日 高校野球観戦記 その3

5月7日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第3試合
一関学院 9−1 一関一 (7回コールド)

先制した一関学院が、じわじわとリードを広げつつ、堅い守りで盤石の試合運びを見せました。

<一関学院>
・投手
佐藤弘平 1回〜6回
常時セットポジションから、素早く振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
まだ線が細い感じですが、フォームバランスが良く、筋力アップが球威アップに直結するタイプだと思います。
機敏で野球センスが良さそうで、今後の進化が楽しみな2年生です。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

岩渕希望 7回
常時セットポジションから、スムーズに担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と緩急2種類の変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
ストンと落ちる変化球のキレが良いですね。

打線
今年も例年どおり、初球からどんどん振っていくスタイル。
各打者とも、仕掛けが早すぎる感じはしましたが、スイングに力感があって威圧感はありますね。
俊足の選手が揃っている感じで、機動力でたたみかける野球ができそうです。

守備
問題なし。
内外野とも穴が見当たりませんね。


<一関一>
・投手
大村駿平 1回〜2回
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作りつつスムーズに体を回転させる右上手。
伸びのある速球と緩急2種類の変化球をテンポ良く投げ込みます。
体が開かないように左腕でしっかりとリードしつつ、素早く体を回転させられるのが特長ですね。

門間渓介 3回〜6回
ゆったりとした始動から、バランスを確かめるように軸足でタメを作った後にコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外します。
制球力があってボールに抑えが効いているので、大崩れしそうにない安定感がありますね。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

橋諒 7回
ゆったりとした始動から、スムーズに体を回転させてコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込みます。
緩い変化球をうまく使って速球との緩急を生かす投球でした。

打線
初回にノーヒットで点を取りましたが、安打が出ない展開が続き、好機を作り出すことができなかった感じです。

守備
難しい打球をさばけなかった場面はありましたが、野手の動きは軽快です。

posted by ティト at 22:38| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]