2019年05月07日

5月7日 高校野球観戦記 その2

5月7日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第2試合
千厩 8−1 花泉 (8回コールド)

逆転後にじわじわとリードを広げる千厩が、ピンチでガッチリと守って隙を与えませんでした。

<千厩>
・投手
千葉楽斗 先発完投
常時セットポジションから、ゆったりと担ぐように振りかぶってから力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球には角度がありますね。
上体と地肩の強さはうかがえましたので、もっと下半身の体重移動を生かせるようになれば、ボールにウエートが乗ってさらに球威が増すと思います。

打線
会心の当たりはそれほどなかったものの、好機はしっかりとモノにする集中力を発揮しました。

守備
細かい捕球ミスや悪送球がありましたが、要所での好プレーで点はなかなか許さない展開でした。

千葉哲太 遊撃手
投手として管理人が特に期待している選手ですが、遊撃手としてのセンスも素晴らしいです。
今日はちょっとミスはありましたが、軽快な足さばき、柔軟性のあるグラブさばき、送球の強さのどれをとっても一級品です。
二刀流選手として注目度大でしょう。


<花泉>
・投手
千葉聖也 1回〜6回
ゆったりとした始動から、体の回転とともにコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と横滑りする変化球で打たせて取る投球を見せました。
動作の柔軟性が特長ですね。

千葉唯斗 7回〜8回
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶって体の回転とともに勢い良く腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込みます。
胸の張りがやや不十分ですが、地肩がかなり強そうで、威力のあるボールが決まっていました。
踏み込みが安定してくれば素晴らしい投手に成長できそうな2年生です。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

打線
走者は頻繁に出しましたが、なかなか連打が出ず、ダブルプレーなどもあり、好機をモノにできない展開が続きました。

守備
悪送球で余計な点をあたえてしまう場面がありました。

posted by ティト at 22:29| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]