2019年05月07日

5月7日 高校野球観戦記 その1

5月7日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第1試合
一関工 4−2 一関修紅

一進一退の好ゲーム。
終盤に安打をまとめて突き放した一関工業が、一関修紅の反撃を凌いで逃げ切りました。

<一関工>
・投手
金子慎吾 1回〜7回
常時セットポジションからゆったりと始動し、担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振る右上手。
重そうな速球と緩急2種類の変化球で押す投球を見せました。
要所で力を込めて三振を取る力投でしたね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

平野拓夢 8回〜9回
ゆったりと振りかぶり、手首を背中に隠すようなひねってからコンパクトに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をグイグイ投げ込みます。
リリースポイントが見づらい変則的なフォームですが、体全体をうまく使って投げているのが特長ですね。

打線
好球必打で積極的に振りにいくスタイルです。
やや強引な打撃が目立って淡白にイニングが進んでしまいましたが、終盤に力で点をもぎ取って勝利をつかみました。

守備
悪送球が目立ち、余計な失点と、余計なピンチを招いてしまいました。


<一関修紅>
・投手
佐藤翔太 1回〜7回途中
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作りつつしなやかに腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、速球主体に打たせて取る投球を見せました。
まだ1年生なので、線が細い感じで力感が不足していますが、球持ちが良く、しっかりと前でリリースできるのが特長ですね。

青木麦 7回途中〜8回
常時セットポジションから、担ぐように振りかぶって力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で押す投球が持ち味です。
パワーがありそうですが、もっと胸を張って反発力を生かせるようになれば、球威がグンと増すと思います。

打線
相手のミスなどで好機をつかみましたが、ここぞでたたみかけることができませんでした。
6回の無死満塁の好機を逃したのがもったいなかったですね。

守備
捕れそうなフライを捕れなかったり、ポテンヒットで失点するなど、やや球運に恵まれなかった印象です。

posted by ティト at 22:19| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]