2019年05月07日

5月6日 高校野球観戦記 その1

5月6日

春の高校野球沿岸南地区予選 住田球場第1試合
釜石 7−0 大船渡東 (7回コールド)

6回途中からの観戦です。
じわじわとリードを広げた釜石が、エースの好投で完封しました。

<釜石>
・投手
菊池健太 〜7回
常時セットポジションからゆったりとした始動し、力強い体の回転とともに爆発的に腕を振る右上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球でグイグイ押す本格派タイプです。
昨年から活躍している管理人期待の投手の1人ですが、体動の勢いをボールに乗せられるようになり、余裕を持って腕を振れるようになっていますね。
変化球の制球力が増し、安定感が格段にアップしています。
まだまだ余力十分と見ました。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

打線
あまりじっくりと見られませんでしたが、ライナー性の鋭い打球が多かったです。

守備
じっくりと見られなかったのでコメントなし。


<大船渡東>
・投手
菊地広翔 〜6回
ゆったりとした始動から、全身をバランス良く使ってしなやかにコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
動作が機敏で、運動能力の高さがうかがえました。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

近江優生 7回
常時セットポジションからゆったりと始動し、担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で1イニングをピシャリと抑えました。
まだ線が細い感じですが、動作がしなやかで、筋力が増してくれば楽しみな2年生です。

打線
強い当たりもあって好機をつかみましたが、走者の飛び出しや、ライナーの当たりがゲッツーになってしまうなど、球運に恵まれなかった印象です。

守備
じっくりと見られなかったのでコメントなし。

posted by ティト at 00:59| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]