2018年09月23日

9月23日 高校野球観戦記 その1

9月23日

秋の高校野球県大会準決勝 花巻球場第1試合
花巻東 6−4 専大北上

逆転、再逆転のシーソーゲーム。
相手守備のミスに乗じて先制し、主導権を握った花巻東に対し、中盤にしぶとく安打をつないでビッグイニングを作った専大北上が逆転。
この流れを生かしたかった専大北上ですが、またもミスが重なって花巻東が再逆転し、そのまま花巻東が激戦を制しました。

<花巻東>
・投手
中森至 1回〜6回途中
ゆったりとした始動から、スムーズに振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす左上手。
球威で圧倒する感じではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで打者のタイミングを外す投球を見せました。
制球が良く、大崩れしそうにない安定感が光ります。
速球の球速は、最速130kmの表示。

西舘勇陽 6回途中〜9回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつスムーズに振りかぶって鋭く腕を振る右スリークォーター。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
踏み出しが機敏になっていますし、胸の張りを生かせるようになって、軽々と安定して力のあるボールが決まるようになっていますね。
体重移動を意識するフォームになっていますので、大きく進化できる土台ができた感じです。
まだまだ余力がありますし、今後のさらなる飛躍に期待大です。
速球の球速は、最速138kmの表示。

打線
相手のミスに乗じてそれなりに点を取りましたが、全体的に踏み込まずに打とうとするので、振り遅れの空振りが非常に目立ちました。
踏み込みを最小限にして体の回転を生かす打法にこだわっているのかもしれませんが、そもそもほとんどの選手が立ち遅れてしまって体の回転に至らずに腕だけで力感ないスイングで終わってしまっています。
ボールを見逃すにしても、踏み込んで見逃さなければ、厳しいコースをカットすらできない状態になるでしょう。
甲子園を見ても、しっかりと踏み込んで勢い良くスイングするチームがほとんどですので、そろそろ方針転換の必要性にチーム全体として気付くべきなのかなあと個人的には感じました。
厳しい言い方になりましたが、全国制覇を目指しているチームに対する正直な感想です。

守備
先の塁のアウトを狙ってのミスはありましたが、野手の動きは軽快で問題なし。


<専大北上>
・投手
須藤優輝 1回〜7回途中
常時セットポジションからゆったりと始動し、軸足でタメを作りつつ肩を後方にひねってからコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球で三振を取れる本格派タイプです。
肩肘がかなり柔らかそうで、腰や背中をひねらずに肩だけをひねって反発力を生かせるのが特長ですね。
機敏性が不足している状態でもなかなか力のあるボールを投げられるので、ポテンシャルは相当高いと思います。
機敏性と躍動感をボールに乗せる感覚を会得できれば、確実に140km以上の速球を投げられる逸材ですね。
今後の成長を心待ちにします。
速球の球速は、最速134kmの表示。

斎藤翔輝 7回途中〜8回
ゆったりとした始動から、重心を落として蹴り足を生かしつつ上体の倒し込みとともに鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
威力のある重そうな速球と落差のある変化球をグイグイ投げ込む本格派タイプです。
フォームに癖がなく、筋力アップが球威アップに直結する投手だと思います。
速球の球速は、最速134kmの表示。

打線
試合序盤は、先頭打者を出しても後続がつながらない展開でしたが、6回に内野の頭をしぶとく越える安打をつないで一挙に逆転したのは見事です。
結果的には序盤の拙攻が勝敗を分けてしまった感じでしょう。

守備
初回にパスボールで失点してしまったのが痛かったです。
パスボールや悪送球など、失点の大半にミスが絡んでしまいました。

posted by ティト at 23:06| 岩手 ☁| Comment(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さん、皆さん、コンバンワ!

東北大会出場3チームの健闘を心から祈る!

『私立3校』の代表って久しぶり?まさか初めて!?

そして大船渡高校の『21世紀枠』に一縷の望みを繋いで・・・
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年09月24日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]