2018年09月02日

9月2日 高校野球観戦記 その2

9月2日

秋の高校野球沿岸南地区予選 平田球場第2試合
大船渡 12−0 釜石商工 (5回コールド)

初回に相手ミスを見逃さずに一挙10得点で優位に立った大船渡が、付け入る隙を与えずに完封しました。

<大船渡>
・投手
佐々木朗希 先発完投
常時セットポジションから、勢い良く左足を上げてから軸足を力強く蹴って鋭く腕を振る右上手。
威力抜群の速球と多彩な変化球で三振を取れる右上手。
ずっと生観察したくてしたくてウズウズしていた管理人注目の逸材です。
今日は全球全力投球ではなく、要所で力を込める省エネ投法でしたね。
まだまだ余力はある感じです。
フォームをじっくり観察しましたが、下半身の体重移動を利用できているのが長所ですね。
体動の勢いを利用して投げようとする意識がうかがえました。
この点で言えば、大谷翔平投手よりも理に適ったフォームです。
改善ポイントとしては、胸の張りが不十分で、反発力をいまひとつ生かせていないことです。
弓を引き絞るようにして矢を解き放つイメージで投げることで、投球エネルギーが大きく増しますので、ここを修正できれば、恐るべき投手に成長できると思います。
今日は変化球でストライクを容易に取れていましたし、安定感抜群のピッチングでしたね。
打者としては、ストレートだけに張っていると全く手が出なくなるでしょう。
はっきり言って、現時点でもプロの投手と遜色ないレベルです。
実は昨年、この球場でプロの投手のピッチングを見ましたが、佐々木投手は、高校2年の時点で昨年管理人が見たプロの投手に全く劣っていません。
大谷投手の同時期と比べると、佐々木投手の注文点は前記の胸の張りだけなので、完成度は上と言ってもいいでしょう。
大谷投手には、もっと機敏性を、もっと躍動感を、もっと蹴り足を、もっと上体の倒し込みをと散々注文をつけていたように記憶しています。
いずれにしても、大谷投手を超える投手に成長していただきたいです。
次回またチェックする時には、さらに進化した姿を見させてください。
速球の球速は、最速で150kmは超えているように見えました。

打線
各打者ともボールがよく見えていましたし、しっかりと捕らえるような安打がつながっていました。
釜石商工の投手陣は質の高いボールを投げていましたので、素直に打者のレベルが高いと思いました。
大船渡は、他県の強豪チームとの練習試合を多く組まれていたと聞いていますので、そういう経験値が生きているのかもしれません。

守備
問題なし。


<釜石商工>
・投手
平野壮真 1回
常時セットポジションから、素早く振りかぶってコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者に的を絞らせない投球が持ち味です。
立ち上がりに変化球がかかりすぎてボール先行となり、走者を溜めて苦しい投球になってしまいました。
腕の振りが強くてしなやかですし、機敏性があって管理人好みの力投型ですね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

岡崎蓮 1回途中〜4回
機敏に振りかぶり、素早い体の回転とともにコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と横滑りする変化球でバットの芯を外す右スリークォーター。
動作が機敏で小気味良い投手ですね。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

打線
1安打に封じられ、攻めの糸口がなかなか見つかりませんでした。

守備
ワイルドピッチが多かったです。
フライを捕れなかったり、ゴロを捕れなかったりのミスも非常に痛かったですね。

posted by ティト at 22:34| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]