2018年09月02日

9月2日 高校野球観戦記 その1

9月2日

秋の高校野球沿岸南地区予選 平田球場第1試合
高田 6−2 釜石

4回途中からの観戦です。
先制して主導権を握った高田が、ピンチでガッチリと守って決定的な反撃を許しませんでした。

<高田>
・投手
佐々木歩希 〜7回途中
ゆったりとした始動から、程よくリラックスしてスムーズに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打者に的を絞らせない投球を見せました。
力感はやや物足りないものの、パワーロスのないフォームでバランスが良く、スムーズな体動が好印象です。
筋力アップが球威アップに直結しそうな楽しみな1年生です。

佐藤眞尋 7回途中〜9回
機敏な体動から、力強い体の回転とともに思いっきり腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をグイグイ投げ込む本格派タイプです。
まだ荒削りですが、体動の勢いをボールに乗せられる小気味良い1年生で、今後の成長が非常に楽しみです。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

打線
強烈な当たりというのは見た範囲でありませんでしたが、機動力を使いながら好機で効率良く点を奪いました。

守備
問題なし。
要所での好捕もありましたね。


<釜石>
・投手
新沼康生 4回〜9回
ゆったりとした始動から、機敏に体を回転させてコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で打たせて取る投球を見せました。
リストがかなり強そうで、軽々と力のあるボールを投げていました。
本職が野手のようで、スナップスローのような感じで投げているのが気になりましたので、蹴り足をもっと生かすことと、胸を這って反発力を生かすことを意識できれば、大きく進化できる投手だと思います。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

打線
安打は出るものの、ここぞで畳みかけられず、小刻みの得点にとどまりました。
ゲッツーや盗塁失敗などで、好機が潰えてしまったのも痛かったですね。

守備
送球のショートバウンドなどの細かいミスはありましたが、見た範囲では概ね問題なし。

posted by ティト at 22:19| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]