2018年08月11日

花巻東 甲子園初戦

8月9日

夏の甲子園1回戦 甲子園球場
下関国際 4−2 花巻東 (延長10回)


管理人は1日遅れのビデオ観戦でした。
いやあ、悔しい惜敗でした。
互角の接戦の中で、勝機をモノにできなかった感じでしょう。

先発の伊藤翼投手は、持ち味を発揮して大崩れせずに粘りました。
終盤にやや球威が落ち、相手打線に合わされてしまいましたが、甲子園での9回2失点・10回4失点は好投だと思います。
西舘勇陽投手も、今後に期待できるナイスリリーフでしたね。

打線は、なかなか連打が出ず、ビッグイニングを作れずじまいでした。
甲子園に出てくる好投手相手に大量点を奪うのは容易ではありませんが、2得点で勝利をつかむというのは厳しいものがあります。

守備は、全般的には安定感がありましたが、細かい部分でのミスが出てしまいました。
走者がホームを狙うと思わなかったのか、ホームへの送球が緩んでしまった場面がありましたし、アウトカウントを間違えたのか、ゲッツーを取れるプレーでなぜか送球しない場面がありました。
花巻東は、場面場面での声掛けが他チーム以上にしっかりしているチームですが、これが甲子園の想定外の緊張感なのでしょうか。


高校野球の最高レベルの大会で、他県の強豪と互角の好試合を演じた花巻東をまずもって称賛いたします。
そのうえで、今後のために一言二言。

県大会から見ていて、投手、打者ともに、下半身を使った体重移動が緩慢すぎる印象です。

まず投手ですが、投手陣全体が、蹴り足や踏み足よりも、上体の回転や肘のしなりを重要視していることがうかがえます。
なぜ、筋量の多い下半身をあまり利用せずに投げようとするのか、前々から疑問に思っていました。
理由をお分かりの方がいらっしゃいましたら、メールででも教えていただければ嬉しいです。
管理人的には、筋量の多い部分を利用して投げるのが合理的だと思っています。
下半身で体動の勢いを作り、上体の回転でさらに勢いを作ってから自然な腕の振りにつなげるのが良いと管理人は思っています。
下半身で体動の勢いを作らずに上体で踏ん張って投げるのは、車の運転で言えば、いきなりサード発進するようなもので(オートマ車しか運転したことがない方はイメージが湧かないかもしれませんが)、相当な負荷がかかりますから、スタミナを浪費するのも当然でしょう。
上体のひねりと肘のしなりで、球持ちが良く打ちづらいことは認めますが、相手打者の打ち損じを期待し続けるような投球にはやはり限界が見えてきます。

打者も、あまり踏み込まずに、体の回転で打とうとしていますね。
プロ野球選手の中には、体の回転力を主エネルギーにできる打者もいますが(今の大谷翔平選手はそういうタイプです)、ほとんどの高校生選手は、蹴り足を生かしてしっかりと踏み込んで勢いよく振らなければ、力強い打球を放つことはできません。
体の回転力を主エネルギーとする打撃を志向するのであれば、相当な筋力の裏付けがなければなりませんが、管理人が知る限り、正直言って、花巻東のウエートトレーニングの強度は不十分で、そのような打撃を志向するための下準備ができていないと言わざるをえません。
前記の投手の話と似た感じで、サード発進するようなバッティングですので、どうしても立ち遅れてしまいますし、無理に始動を早めると、当てるだけのバッティングになりがちです。

現代の甲子園で優勝するためには、ロースコアで1点差を制するような試合をし続けるのは難しいと思いますし、相手を圧倒できる底力を備えられるように準備しているチームが実際に優勝しています。
そういうチームを目指す中で、球運をモノにできるのだと管理人は思っています。

管理人がブログを始めてから、相当な年数が経っています。
いつまでもブログを続けることはできないので、管理人の目が黒いうちに県勢に全国制覇を成し遂げてもらいたいという焦りもあり、ちょっと厳しい投稿になってしまいました。
気分を悪くされた方もいらっしゃると思いますが、どうがご容赦くださいませ。

素晴らしい試合と、今後への課題も見えた今年の甲子園です。

花巻東の選手の皆さん、センバツも含め、全国の強豪相手に見事な戦いぶりでした。
ファンを熱狂させてくれたことに感謝いたします。

posted by ティト at 01:58| 岩手 ☁| Comment(16) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

管理人さん、皆さん、こんにちわ!

投打の『体の使い方』に関しては管理人さんの仰る(仰り続ける)通りだと思います。

10年前なら、これはこれで通用したかもしれませんが、特に打撃強化の著しい
昨今の高校野球シーンにおいては非力さが目立つ結果になるのは仕方ないでしょう。

多くの高校がガチムチを指向する中で、葉巻東のような選択肢を持つ強豪校が
1つでもあるのは良いでしょうが、目指すのは『テッペン』ですから
歯がゆい事に変わりはありません。まして、県内の逸材を集め、
体の鍛え方ひとつで“大化け”できる素材が揃う花巻東ですから余計。

この件は一度、佐々木監督と腹を割って話してみたいですネ。
今度、お手紙書いてみます。(笑)

前も書きましたが、三重や、敦賀気比がいい『お手本』だと思います。

あと、これは言ってもせん無き事ですが、今年の岩手のチームの中で
盛三や中央が甲子園に出ていたらどうだったろう、と想像しています。

投打で『力強い活躍』を見せて貰えたかもしれませんネ。

さあ、『秋の新チーム』に期待しましょう!球場へGO!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年08月11日 18:59
管理人様いつも詳細なリポートありがとうございます。

今回は色んな意味で残念でしたね。集中力の欠如もそうでしたが、どこか淡々とし過ぎて勝ちたいという気持ちが伝わってこない...そんな試合だったかなぁと思っています。

複数投手をベンチ入りしておいて、アップアップしてた伊藤君と心中というのもちょっと理解に苦しみました。9回裏の戦いについてもそうですが、いずれにせよ済んでしまったことですから、新チーム発足に向けてまた頑張ってほしいと思います。

花巻東の選手の鍛え方については、管理人様仰る通り、ちょっと疑問が残りますね。能力の高い選手が多いと思うので、戦術的な部分はかなり煮詰めているのでしょうが、もうちょっと筋力をつけてそれを活かす体の使い方をする必要があるのかなと思います。

ここまでの勝ち上がりチームの状況を見ても、もはや2.3点勝負で優勝できるような状況ではないですので(それこそ大谷君や菊池くんを2.3枚そろえれば別かもしれませんが...)...。全国制覇をするのに何が必要なのか、花巻東さんにとっては、そろそろ再考する時期に来ているのかなと思います。

せっかく県内各地から良い選手を集めているのですから、なおのことそう思ってしまいます。
Posted by 八潮圏民 at 2018年08月13日 01:07
管理人さん、みなさん、こんにちわ!

県勢が早々に敗退しても甲子園は熱いです。

金足農業、横浜撃破オメデトー!!
吉田投手もいよいよ神がかってきた感じ。
第1回目の『忘れ物』を100回記念大会で取り戻すか秋田県勢!
そのまま『テッペン』まで突っ走れ!全力応援だー!!!

さて現在、大阪桐蔭と浦和学院がやってます。
大阪桐蔭が『テッペン』を目指すのに最大の難敵でしょう。

東北勢を破った『報徳』、『浦和』、『下関』がB8進出してますね。

また、さっきまで聞いてたラジオの解説が秀逸です。

『春とは違う根尾。ニュー根尾、いやネオ根尾!』

『大谷が大好きで大好きで、真似をして真似をした渡辺』

14日のラジオ中継では『女性アナウンサー』による実況は、少々
声色が耳につきましたが、基本に忠実で実に分かり易かったですね。

色々な楽しみ方がある高校野球。

是非『金足農業』VS『下関国際』の決勝を見てみたい!!

Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年08月18日 09:38
管理人さん、みなさん、お邪魔します。

『下関国際』、いいチームでしたね。
結果的には、『花巻東』もそこそこ強かったと言えると思います。
エースで四番の鶴田君は、4試合でわずか2安打でしたが、彼の打撃次第では『日大三』も撃破できたかもしれませんでした。そのわずか2安打はいずれも逆方向への打球。不調の時こそ…。
『横浜』戦の『金足農』の5得点も見事なセンター返し。
しいて言えば、昨夏の中村君の6本塁打も最初の2本は逆方向で波に乗ったとも言える。
よほど自信があるとか絶好調とかなら別だが、基本はセンターから逆の意識で打ってくれ!(相手チームは振り回してくれて結構だが…)
『金足農』は、久々に高校野球らしいチームで応援し甲斐が有ります。

お邪魔しました。
Posted by はる陸奥 at 2018年08月19日 09:21
連投すみません。

『金足農』の名を聞く度に思い出すのが、1984年の『大船渡』の選抜ベスト4。
この両校の因縁は、前年秋の東北大会決勝を延長16回の激闘の末、4−3で大船渡が勝利した時から始ったかもしれぬ。
春の選抜では、大船渡は準決勝で、優勝した『岩倉』に1−2で敗れたが、金足農も二回戦で岩倉に4−6で敗退していた。記憶が確かなら、エラー続出で敗れたのではなかったか…。もし金足農が守乱で敗れていなければ、大船渡か金足農のどちらかが決勝でKKコンビの『PL』と対戦していたかもしれない、などと当時は思ったものでした。
その年は、両校とも夏にも出場を果たした。残念ながら、大船渡はエース金野投手が、選抜後の練習試合や招待試合が続き肩を壊した影響で初戦敗退。金足農は、快進撃を続けて準決勝でPLを追い詰めながらも惜敗となった。

それ以来、特に因縁めいたものは無いかと思いきや、大船渡が初戦敗退した相手は滋賀の『長浜』だったことを思う時、昨日、金足農が近江にサヨナラ勝ちを収めたことを無縁とは思えない。何よりも、金足農エース吉田君と大船渡2年の佐々木投手が共に「U−18アジア野球選手権」代表候補に選出されたことは、今秋以降の大船渡の活躍を思い描かずにはいられないのであった。
気が早過ぎましたね、今は金足農の更なる活躍を祈るのみ。
ちなみに、次の対戦相手の『日大三』ですが、大船渡は選抜で『日大三島』には大差で勝っている。
だからどうというわけではないが…、失礼しました。
Posted by はる陸奥 at 2018年08月19日 10:26
管理人さん、みなさん、はる陸奥さん、こんばんわ!

エンペラー吉田(2ちゃん東北スレッドでの呼び名)くん率いる
『金足農業』は素晴らしいチームです。何より『球運』に愛されてる!

確かに、はる陸奥さんが仰る通り、色んな因縁が渦巻いて、一気にテッペンか!?

さて・・・、第1回大会での秋田中の準優勝と、
一関中の第2回大会での京都二中撃破(最初の前年優勝校撃破)。
ついでに言うと、第3回、5回大会での盛岡中のベスト4入り。

@第1回大会の東北大会は行われず、秋田県内で秋田予選が行われた。
A第2回大会は『秋田抜き』で東北大会が行われた。
B当時の東北の野球の中心は岩手(盛岡中、一関中)だった。

この@〜Bの当時の状況を読み合わせると、
第2回大会で一関中が京都二中を破ったとき、
秋田中に『カタキハトッタ(仇は取った)』と
電報を送ったのですが、それは額面通りの意味ではなく
皮肉、あるは嫌味だったかもしれないと思うのです。

色々調べたのですが、やはり当時の状況がはっきりしない。
『通信事情の悪さも有り、大会開催の通知が東北各県に行き渡らなかった』
というのは言い訳のようにしか聞こえないのが実際です。

ましてそれが『秋田』ですから、戊辰戦争を思い起こすと・・・

秋田にも言い分があり、恐らく相応の『悪さ』は否定しませんが
それ以上に『岩手を筆頭とする東北各県の動き』はもっと頂けない。

第1回大会準優勝の秋田中(現行秋田高校)が何故
大会100回皆勤賞の行進に参加できなかったのか・・・
私は、秋田以外の各県・関係者の『猛反省』が必要だと思うのです。

そしてその“負債”を清算しない限り優勝旗は東北にはためかないと。

その秋田のチームが100回、記念大会で東北の代表として
『あと2つ』までの所に来ています。テッペン取って来い!!


Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年08月19日 23:15
遅ればせながらのコメントです

管理人さん珍しくチクッといきましたね
本当に岩手野球を愛してるんですね
私もここの掲示板の皆さんに負けないように愛し続けます


今回の大会は とても不完全燃焼でしたね

2009年 佐々木監督が 岩手でもできると証明してくれて 10年ぶんの大会が終了しました 強い岩手を作り上げるの並大抵ではない苦労だったと思います

でもこのあいだの様な試合ではすぐに昔のようになめられてしまうのでは無いかと心配です
岩手は10年で十何勝かしたんでしたよね❔
(何年か前にこのサイトで教えていただきましたが正確な数字を忘れてしまいました。数えろよ俺)
確かに強くなったと思うけど物足りない

とにかく俺も年間2〜3勝では満足できなくなってきました
「今年の岩手は3勝一敗やったな」とかもういいです
この「一敗」は要らないです
本気で岩手県の高校が優勝旗を持ってる姿が見たいです
いつの日か 近いうちに頼むで岩手県の球児たち。

あとそれと
金足農
決勝進出おめでとう
秋田県民羨ましすぎ
もちろん岩手に獲って欲しかったけど
本当にこころから応援してるぞ
優勝旗を東北に持って帰って来てくれ
Posted by 和泉 at 2018年08月20日 14:24
明日も、泣きながら笑顔で全力校歌を聞きたい‼
Posted by はる陸奥 at 2018年08月20日 22:05
管理人さん、東北の全ての野球を愛するみなさん!

もう多言は不要。この日為にの103年待ったんだ!!

ハンカチとティッシュを用意して、明日を待てっ!!!



Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年08月20日 23:02
残念!!!!!!!!!!!!!!!

もう頭来た〜、酒飲んで寝る!!!

金足農業はお疲れ様。素晴らしい野球を有り難う!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年08月21日 19:58
管理人さんこんにちは
100回大会にふさわしい良い大会でしたね、花巻東の初戦敗退が残念でしたが

管理人さんや他の方も言っている通り花巻東は小技や策にこだわりすぎているんじゃないのかなというのは思いました
打撃に関しても力を生かしたほうが攻撃の幅が広がるでしょうし県内のいい選手もたくさん入っているのでしょうから小さくまとめないでもう少し力のある選手を育てて欲しいです
新聞記事では桐蔭レベルに焦点を合わせると言っていましたが本気で目指していたの?と思いました
素人が口を出すべきことではないかもしれませんしそういうのが花巻東の野球であり良さではあると思いますが…
西舘君は春先の事を思えばかなり良かったですね
星稜の奥川や横浜の及川など他の都道府県の二年生も話題になっていますが岩手も大船渡の佐々木君や黒工の石塚君など来年最終学年を迎える楽しみな選手が多いので期待したいです
Posted by ごんべえ名無し at 2018年08月23日 08:51
金足農は残念でした。
四球・ワイルドピッチ・スクイズのサインミス…とミスしちゃイケナイ方がミス続出では、見てられなかったっす。
ただ、逆方向の犠牲フライと逆方向の二塁打での2得点は、弱者が強者に対抗する唯一の方法だと確信させてくれました。
一つ解せないのは、農業高校でありながら、農作物の敵である“雑草”軍団を名乗っていること。
「いやいや君らは雑草を駆除する立場だろう」と突っ込みたくなります。
そう言えば、同じような意味で“草魂”を座右の銘にしていた近鉄の往年のエース鈴木啓司も、ついに日本一にはなれなかったっけなぁ、と不吉な一致。
キャッチフレーズを再考して出直してはいかがだろうか。
大阪桐蔭は昨夏の悔しい敗戦をきっかけに春夏連覇を目指したというが、悔しい敗戦という意味では引けをとらないのが大船渡。
ここから這い上がって行ったら、マスコミが飛びつくドラマになるだろうなぁ。
Posted by はる陸奥 at 2018年08月24日 21:51
管理人さん、皆さん、ごんべえ名無しさん、こんにちわ!

ごんべえ名無しさん。
私も極めて『物足りなさ』を感じましたよ。色んな部分で。
私も素人ですが、思った事はバンバン言ってますのでご遠慮せず!

はる陸奥さん。
それ、同じこと私も思ってました。それでズ〜っと考えて来たのですが
『牧草魂』ってのはどうでしょう?(笑)思えば我が奥州市、
スマートICが開通しましたが、下りを降りると右手に水沢農業高校の
『牧草地』が広がっています。(あと上りで降りた時の右手にも)

余談ですが、『奥州IC』ではなく『水沢農業高校IC』が良かったですネ。
農業高校オマージュの時流にも乗れたし、なにせインパクトがある。(笑)

さて、悔しい悔しい敗戦の『大船渡高校』。
私が中学時代、TVに噛り付いて手に汗握ったのを覚えています。
試合終盤の『あわや!』の大飛球、そして無常のフェンス越え・・・
35年を経てなお色あせない悔しさ、忘れ物を取りに行こう!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年08月25日 07:22
こんばんは。

今回の記念大会、いやあ燃えました!!^^

何を隠そう、私は元秋田市民(ちなみに、母校の大学が秋田県で、金足農関係者の多くが宿敵視してる系列高校を持つ大学・・おっと母校がバレバレですねw)でして、今でも大好きな秋田に年一度は必ずいく身、燃えないはずもありませんでした!!

吉田くん、本当に完成度が高すぎて凄すぎる・・

超高校級とは彼の事です!!^^スピードはもちろん、変化球も多彩、牽制などの場に応じた対応力も抜群・・こういう言い方するともしかすると不快に感じる方もいらっしゃるかも?しれませんが、右と左の違いはあるから一概にいえないし、甲子園での投げ過ぎが心配ですが、高卒でプロ行ったら、雄星投手は凌駕できる存在になるのではないでしょうか?今の完成度からして、そんな予感がします!!

ちなみに、いてもたってもおられず、昨日秋田入りして参りました!!あちこちで、フィーバー体感できました・・まず金足農の最寄駅界隈には、一般家庭にも地元新聞が配布したらしき、準優勝を祝う張り紙ありましたし、話題の「金農パン」はどこも売り切れ、博物館(金足農近く)で開催の特別報道写真展には行った人にしか解らない様な長蛇の列(あれはやばかった、友達と二人でヒーヒー言いながら満足していました (笑))、街中のあちこちから聞こえてくる会話に金足農の話題・・凄かったです!!^^そういえば、帰り際、駅前のジュンク堂で地元紙、秋田魁新報社発行の特別雑誌買って、駅ビルの定食屋入ったら、食堂のおばちゃんに「それ、どこで買いましたか?私も欲しいんですよ!!」と声をかけられました!!・・当分、このフィーバーが現地では続くでしょうね^^

岩手でもこのような夢のような現象(金足農は本当に・・フィーバーを起こす全ての要素をもってましたから^^)がおきたらいいなあ、という想いも頭を巡りつつ、友達と別れ帰途につきました。

最後に・・金足農、不動のナインには吉田くんは別格として卒業後も野球を続けそうだなあ・・という選手が何人かいましたが・・ぜひ北東北リーグ1部で苦戦するうちの母校に誰か、入学、野球部入部してほしい!!(願望)そして、県営か花巻で岩手の大学とも名勝負展開してくれたら・・と勝手に、思い張り巡らします(笑)
Posted by だいちゃん at 2018年08月27日 22:21
『だいちゃん』さん、こんにちは!

そうですか〜、いいなあ〜、羨ましいな〜!

30有余年前のセンバツでの大船渡旋風の後のような感じなんでしょうね〜。
その大船渡高校が、センバツ出場&カナノーに続け!の道を歩んでいます!

大学野球ではノースアジア大学がメキメキ力をつけていて
意外に岩手県出身の子たちも頑張っていて、嬉しく思っています。

聞く所によると、この秋の大曲工業がまた素晴らしいチームだとか。
10月の東北大会(会場秋田!)で熱戦繰り広げましょうネ〜!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年09月09日 20:26
管理人さん、みなさん、こんにちわ!

今日(26日)、森山球場行ってきましたヨ〜!

初“生”の佐々木朗希くんを堪能して来ました。

いつもの感じでノコノコ金中ントコの坂を10時頃登ったら、
なんじゃ〜この渋滞は!(笑)ようやく駐車場に入れ
球場に入ったのは10時半を過ぎておりました。(無)

それでも目の前で『162キロ』の“誤表示”を目撃!
(5時台のフジの全国版ニュースで“機械の誤動作”と紹介されてた)

やっぱり『モノ』が違いますね〜。まさに“怪物”デス!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年09月16日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]