2018年07月19日

7月19日 高校野球観戦記 その1

7月19日

夏の高校野球県大会準々決勝 花巻球場第1試合
一関学院 10−0 岩谷堂 (6回コールド)

2回途中からの観戦です。
毎回走者を賑わせて押せ押せムードを作った一関学院が、ガッチリと守って岩谷堂打線を1安打に封じました。

<一関学院>
・投手
小笠原悠月 1回〜4回
常時セットポジションから、担ぐように素早く振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がる変化球をテンポ良く投げ込みます。
上体の倒し込みが効いていますし、脇を絞って肘の支点を生かして投げていますので、軽々と安定して勢いのあるボールを投げられるのが特長ですね。
速球の球速は、最速134kmの表示。

滝川恵介 5回〜6回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつ担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
春に見た時よりも全身を使ってバランス良く投げられていますが、もっと脇を絞って肘の支点を生かせるようになれば、ボールにウエートが乗って球威が増してくると思います。
今後の成長が楽しみな2年生です。

打線
緩いボールを目を切らずにしっかりと引きつけて鋭く捕らえていました。
打ち損じはあるものの、難しいボールを追いかけて体勢を崩す場面がまずまず少なかったですし、今日のようなバッティングを続けられれば、投手目線としては一人ひとりの打者を打ち取るのに苦労すると思います。

守備
問題なし。


<岩谷堂>
・投手
千葉優斗 1回〜6回途中
特長は先日記載のとおり。
緩い変化球をうまく使って打者のタイミングを外そうとする意図はうかがえましたが、相手打線がじっくりと見極めてきました。
強打者相手に甘いボールは投げられないので、カウントが苦しくなる場面が多くなってしまいました。
初回にビッグイニングを作られてしまいましたが、2回以降は粘りの投球で決定的な連打を許しませんでしたし、持ち味を発揮できていたように思います。

打線
なかなか安打が出ず、得点につなげることができませんでした。
好機でのダブルプレーもあり、ホームが遠かった印象です。

守備
捕れる打球を捕れない場面が何度かありました。
悪送球から許した失点ももったいなかったです。

posted by ティト at 23:08| 岩手 ☀| Comment(4) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理にさん、皆さん、こんにちわ!

あっついですね、岩手の夏!!

胆江地区の人間として岩谷堂の躍進は嬉しい限り。

今日は準決勝。ハナトー西舘くんの先発あるか?

熱戦に期待デス!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年07月21日 09:18
アレ?西舘くん、ベンチに入ってない!?
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年07月22日 13:38

モリフ戦、同点での6回から万を持して西舘くんの投入!!

先頭打者の膝元の134キロの三振の球は素晴らしかった!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年07月22日 15:00
管理人さん、皆さん、こんにわ!

そして花巻東、盛大付の選手、監督、ご父兄、関係者の皆様、お疲れさまでした!

さて、花巻東の勝因は、私が県営球場に観戦しに行かなかった事?
(だって私の、ハナトーVSモリフ戦の勝率の低さはハンパない)

西舘くんの投球はハラハラして見てました。いかにも重そうな体、
リリースポイントはバラバラでフォームも躍動感に欠けていましたが
それでも何球か『イイ球』が来てました。最速でキロ137かな。

それでも、甲子園での大阪桐蔭戦の時よりはキレはあったと思います。

今日の好投はいい『ヒント』になるでしょう。腕は少し下げた方が良いね!

野暮なので、今は熱戦の余韻に浸って、多くを語るのはヤメときましょう。
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年07月22日 19:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]