2018年07月17日

7月17日 高校野球観戦記 その1

7月17日

夏の高校野球県大会3回戦 花巻球場第1試合
盛岡市立 1−0 花巻北

両チームの投手の好投で、テンポの早い投手戦。
初回にゲッツーの間に挙げた貴重な1点を守りきった盛岡市立が、見事な完封勝利をつかみました。

<盛岡市立>
・投手
四月朔日隆徳 先発完投
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動してコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打者のタイミングを外します。
上下動が少なく、スナップスローのように軽々と投げている感じですが、なかなか力のあるボールが決まっていました。
主にリストの強さだけで力のあるボールを投げているわけですから、もっと胸を張って反発力を生かせるようになれば、相当大きく進化できる投手だと思います。
今後が楽しみな2年生ですね。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
初回に走者を三塁まで進めた好機をモノにして、ゲッツーの間に泥臭く1点をもぎ取りました。
この1点が虎の子になりましたね。

守備
問題なし。


<花巻北>
・投手
佐々木健 先発完投
ゆったりとした始動から、勢い良く振りかぶって躍動感をボールに乗せる右上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
フォームに欠点がなく、手直ししなければならない部分がありませんので、自ら進化できる学習能力の高い投手だと見ています。
完成度が高く、上のレベルでも通用する投手ですから、卒業後も野球を是非とも続けていただきたいと思います。
速球の球速は、最速139kmの表示。

打線
なかなか連打が出ず、淡々とイニングが進んでしまいました。
2回にホームタッチアウトもあり、球運にも恵まれませんでした。

守備
軽快にゲッツーを何度も取るなど、野手の動きに問題はありませんでした。
悔やまれるのは、初回のノーアウト1・3塁の場面で、ゲッツーを狙うのではなく、1点もやらない意思で守る選択肢もあったのかなあと感じました。
管理人は前から思っていてブログにも書いていたことがあるのですが、ホームでアウトにできるタイミングで、1点はOKということでホームに送球しない場面を何度も見て疑問を持っています。
大量リードしている場面であれば、1点はOKでいいのでしょうが、私の場合は、結果的に1点を惜しんだためにビッグイニングを作られるリスクがあったとしても、基本的に目の前の1点を安易に与えたくありません。
人それぞれ考えは違うことはわかったうえで、このことについてまた書いてみました。

posted by ティト at 21:45| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]