2018年07月12日

7月11日 高校野球観戦記 その2

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第2試合
盛岡工 8−1 花巻農 (7回コールド)

初回の大量点でリードを広げた盛岡工が、花巻農の反撃をソロホームランの1点のみに抑えてしっかりと守りきりました。

<盛岡工>
・投手
田屋裕人 先発完投
常時セットポジションからゆったりと始動し、軸足でタメを作ってから上体の倒し込みとともに力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
ホームラン以外は危なげないピッチングでした。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
初回、ツーアウトランナー無しからの猛攻で一挙7点を先制して主導権を握りました。
その後は打線が沈黙してしまったのが次戦への課題でしょう。

守備
待って捕ろうとしてバウンドを合わせ損なった場面以外は問題なし。


<花巻農>
・投手
菊池秀喜 先発完投
常時セットポジションから、やや上体をひねってタメを作りつつ鋭くコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球が持ち味です。
立ち上がり、四死球で走者を溜めた後に安打をまとめられ、あっという間に大量失点してしまいました。
2回以降は粘りの投球を見せていただけに、初回が本当にもったいないなかったです。

打線
なかなか安打が出ず、せっかく走者を出してもダブルプレーになるなど、波に乗れない展開でした。

佐藤秀祐 右投右打
速球を思いっきり叩いてレフトスタンドへの弾丸ライナーのホームランを放ちました。

守備
バウンドを合わせ損なって捕球できない場面が目立ちました。
初回は、魔の初回になってしまいました。

posted by ティト at 00:19| 岩手 ☁| Comment(5) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シード校が苦戦、敗退する中でさすが盛付は仕上げてきた感じですね。初戦はやはり難しいですね。

専大北上のコールド負けはびっくりしましたが、中尾監督はプロとは違う一発勝負の難しさを痛感してるのではないでしょうか。中央は...ちょっと残念でした。

大船渡は佐々木投手に眼がいきがちですが、近年で一番甲子園に近い仕上がりなのかもしれませんが、チームとしての地力はどうなんでしょう。気になるところです。
Posted by 八潮圏民 at 2018年07月12日 09:36

管理人さん、皆さん、コンバンワ!

雨天順延でなければ、この前の日曜日県営球場に足を運んだのですが・・・。(涙)

大船渡高校は、打つ方も、今の3年生が居る今年が“チャンス”かもしれません。

ああ、せっかく岩手に住んでるのに、見に生きてェ〜!(笑)
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年07月13日 00:49
牧場の投手カトリさん情報ありがとうございます。
YouTubeに映像が遭ったので佐々木投手の様子を見てみました。
凄い投手ですね。
コントロールのばらつきは、捕手のキャッチャーミットの使い方で随分変わるんじゃないかなと思いました(投球モーションに入るとミットを下に向けてしまうクセがあるようなので、あれだとちょっと投げにくいかな...)。
Posted by 八潮圏民 at 2018年07月13日 22:41
八潮圏民さん、コンニチワ!

私は選手を『生』で見てこそナンボだと思っていますが、
件の佐々木くんは今年2度、見るチャンスを逃してます。(涙)

映像で見る限り、低めのボールでも球速が出ていますので
『さすが』とは思っています。(力を入れると球道が定まらないのは
『高校2年生』という時点では『欠点』だとは思っていません)

ちなみに余談ですが、大谷くんの高校時代、彼の公式戦での投球を見た
のは『2年春』の県大会(例の成長痛による戦線離脱の前)でした。

しなやかな腕の振りからまるで地面に叩きつけるような
剛速球が『ストライク』でキャッチャーミットに収まる。
球速は目測で150キロは出ていなかったでしょうが、
大谷くんが基本的には『ピッチャー』だという事を確信しました。
(1年秋と2年春の投球を見た人は同じ感想を持つ筈です)

さて、今TVで観戦中。大船渡高校の3回戦、佐々木くんは
今日は先発回避かな?それでも打者としても楽しめる選手ですから!

Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年07月14日 13:55

管理人さん、皆さん、改めましてコンチチワ!

大船渡の3回戦、佐々木くんは『1番センター』での先発。

2球目、あわやのライトポール際への『大飛球』!

打って走って、ホント『見栄え』のする選手だね、佐々木くん。

Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年07月14日 14:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]