2018年07月10日

7月10日 高校野球観戦記 その1

7月10日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第1試合
伊保内 3−1 一関高専

両チームエースの好投による投手戦。
少ない好機を着実にモノにした伊保内が、接戦を制しました。

<伊保内>
・投手
橋山翔 先発完投
常時セットポジションから、体を開かないように左膝を後方に抱えるようなイメージで上げてタメを作った後に反発力を効かせて腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と緩急二種類の変化球で三振を取れる本格派です。
完投を念頭に置いて常に全力投球ではなく、要所で力を入れる投球を見せましたね。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
5回までパーフェクトに抑えられ、攻略の糸口がない感じでしたが、6回以降に相手投手を捕らえ始め、少ない好機をモノにすることができました。
こういう接戦をモノにしてチームは強くなるものだと思います。

守備
悪送球で余計な失点がありました。
ダブルプレーで相手の好機の芽を摘むことができたのが大きかったですね。


<一関高専>
・投手
千田一輝 先発完投
常時セットポジションからゆったりと始動し、スムーズに体を回転させてしなやかに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで押す投球を見せました。
リストが強そうで、スナップの効いた投法から力強いボールが決まっていました。
球速以上に速球が打者の手元で伸びる感じで、打者のバットがボールの下を空振りする場面が非常に多かったです。

打線
好機は相手より多かった感じですが、バント失敗のダブルプレーが2度あり、波に乗り切れませんでした。

守備
ライナーの目測を誤って長打にしてしまう場面がありました。
そのほかは問題なし。

posted by ティト at 21:59| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]