2018年07月09日

7月9日 高校野球観戦記 その2

7月9日

夏の高校野球県大会2回戦 森山球場第2試合
岩谷堂 4−1 宮古工

速攻で先制して優位に立った岩谷堂が、粘る宮古工の反撃を最終回の1点に凌いで逃げ切りました。

<岩谷堂>
・投手
千葉優斗 先発完投
常時セットポジションから、ゆったりと始動して軸足でタメを作ってから大きく振りかぶって腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
ペースを乱さずに淡々と投げきりましたね。

打線
序盤に幸先よく先制しましたが、中盤以降は盗塁失敗などで好機を潰してしまい、なかなか追加点が取れない展開でした。
典型的な先制逃げ切りで勝利をつかみましたね。

宮内浩淑 右投右打
速球をコンパクトにすくい上げた打球がぐんぐん伸びてレフトポール際スタンドに飛び込みました。

守備
出足が遅れ、アウトにできる打球を安打にしてしまう場面が目立ちました。
最終回は足が止まってアップアップの状態でしたが、どうにかリードを守ったという感じでしょう。


<宮古工>
・投手
五十嵐亜輝 先発完投
ゆったりとした始動から、しっかりと踏み出して体重移動を生かしながら鋭くコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がる変化球をテンポ良く投げ込みます。
下半身の力を使いながら投げていますので、安定して力のあるボールが決まっていました。
躍動感が出てくれば、まだまだ伸びる投手だと思います。

打線
走塁の判断ミスで点が入らない場面がありました。
9回に1点を返して押せ押せの場面を作りましたが、もうひと押しができなかった感じです。

守備
イージーな場面での悪送球がありました。
全体的な動きは悪くなかったと思います。

posted by ティト at 21:17| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]