2018年07月09日

7月9日 高校野球観戦記 その1

7月9日

夏の高校野球県大会2回戦 森山球場第1試合
釜石 4−2 水沢商

1点を争う息詰まる接戦。
序盤に先制して優位に立った水沢商ですが、ミスが出て9回ツーアウトから釜石が同点。
気落ちしたところをさらに追撃して点を加えた釜石の見事な逆転勝利となりました。

<釜石>
・投手
小笠原光星 1回〜5回
ゆったりと振りかぶり、やや上体をひねってタメを作ってから鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球を投げ込みます。
昨年から見るたびにフォームバランスが良くなっており、着実に進化できる投手ですね。
速球の球速は、最速133kmの表示。

菊池健太 6回〜9回
ゆったりとした始動から、軸足でしっかりとタメを作った後に上体の倒し込みとともに鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
軽々と投げている感じで、地肩がかなり強いですね。
もっと蹴り足を生かして躍動感が出てくれば楽しみな2年生です。
速球の球速は、最速133kmの表示。

打線
序盤の好機であと一本が出ず、劣勢で終盤を迎えてしまいました。
終盤の牽制アウトも痛かったですね。
流れ的には負けパターンでしたが、9回二死無走者から同点に追いついた執念は見事です。
さらに、同点で終わらず一気に逆転した集中力に感服しました。
ミラクルという言葉はほとんど使わない管理人ですが、今日の試合はミラクルという言葉を使わせていただきたいほど、高校野球の難しさを改めて知った管理人です。

守備
失点につながる捕球ミスがありました。
終盤にも悪送球でピンチを招く場面がありましたが、2失点のみでそれ以上引き離されずに粘ったことが、逆転勝利につながりましたね。


<水沢商>
・投手
遠藤那也 先発完投
全身を使う機敏な体動から、思いっきり腕を振る左上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で三振を奪います。
力投型ながら、試合の途中途中で良い意味で力を抜いている感じなので、完投する術を知っている投手ですね。
速球の球速は、最速132kmの表示。
素晴らしい投球内容を見せてくれましたが、9回ツーアウトランナーなしから四球を出してしまったのが本当に悔やまれる投球となってしまいました。
まだまだ活躍を見たい投手ですので、卒業後も野球を是非とも続けていただきたいと思います。

打線
序盤に幸先よく点を取りましたが、その後はなかなか好機をモノできず、追加点を奪えずに焦れる展開が続きました。

守備
失点につながる捕球ミスが2つありました。
終盤に勝ちを意識したのか、足が止まっての捕球ミスがあったのがまさに痛恨でした。

posted by ティト at 21:10| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]