2018年06月30日

2018注目チームC

第4回目は盛岡三。


盛岡三は、今春ベスト4で第4シード獲得。
投打にセンスのある選手を揃え、投手戦にも打撃戦にも対応する総合力の高さが光ります。

投手陣は、タイプの異なる3投手で勝負します。
西舘洸希投手は、常時セットポジションから、軸足でタメを作った後に力強く腕を振り下ろす右上手。
最速140km台中盤の速球と緩急2種類の変化球を駆使してグイグイ押す本格派です。
一冬越えて体の厚みが増してパワーアップがうかがえ、8割位の力でも安定して力のあるボールを投げられるようになっています。
上野正嗣投手は、肩を後方にひねった後にしなやかに遅れて出るように腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、柔軟性を生かした綺麗なフォロースルーから、糸を引くように伸びる速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外します。
岩渕航大投手は、体の回転とともにしなやかに腕を振る振る右横手。
球威で押すタイプではありませんが、横手特有の浮き上がるような速球と横滑りする変化球で丹念に打たせて取ります。
腕が遅れて出てくるような柔軟性が特長の2年生です。

打線は、しっかりとボールを見極め、甘いコースを狙い打つしたたかさを発揮します。
ただし、待球戦法ではなく、ファーストストライクから強振してくるスタイルにモデルチェンジが図られています。
俊足の選手が多く、盗塁も積極的に狙ってきますね。
川原田太一選手は、空振りの少ない確実性の高い4番で、広角に強い打球を打ち分けられます。
場面に応じて強振する時の長打力も魅力ですね。
西舘洸希選手は、筋力の強さを生かし、バットの芯を少々外してもヒットゾーンに持っていく押しの強さが魅力のスラッガータイプです。
斎藤英伴選手は、選球眼が良く、出塁率の高いトップバッターで、チームの得点の起点となる選手です。
佐々木瑠以選手は、リストが強く、しっかりとしたフォロースルーで野手の間を鋭く抜く打球を連発します。
佐々木莉己選手は、巻き込むように振る思い切りの良いスイングが特長で、ここぞの場面で一発長打が期待できます。

守備は、時折イージーミスはあるものの、全体的に軽快で、県内トップレベルの実力はあると思います。
川原田太一二塁手は、打球への反応が速く、弾いた場合も想定した捕球時の体勢まで瞬時に判断できる野球センスの高さが光ります。
佐々木瑠以遊撃手は、瞬発的に動ける選手で、広範囲に打球をさばくとともに、不利な体勢からも強く送球できる体幹の強さを発揮します。
山崎航太中堅手は、俊足で守備範囲が広く、球際でのファインプレーも多いですね。
強肩と送球制度の高さも光ります。

盛岡三は、昨年から主力として活躍している選手が多く、試合経験豊富で勝負強いのが特長のチームです。
チームとしての完成度が高く、どのようなゲーム展開でも慌てることがない感じですね。
その完成度に爆発力を加え、戦国岩手を制することができるのか注目です。


次回は最終回。
一気に多くのチームを紹介します。

※今年は開幕が早く、管理人の更新作業も遅れているため、例年よりも個別チーム紹介が少なくなってしまいました。ご容赦くださいませ。



posted by ティト at 00:16| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]