2018年06月01日

6月1日 社会人野球観戦記 その1

6月1日

都市対抗野球東北予選1回戦 花巻球場第1試合
JR秋田 12−2 オールいわきクラブ (7回コールド)

6回からの観戦です。
序盤の大量点で優位に立ったJR秋田が、中盤の加点で引き離す展開でした。

<JR秋田>
・投手
半田 〜6回
ゆったりとした始動から、程よくリラックスしてスムーズにコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭い変化球をテンポ良く投げ込みます。
力まずに飄々と投げていますので、スタミナ面の心配はなさそうな投手ですね。
速球の球速は、最速131kmの表示。

浅川 7回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつ勢いよく体を回転させる左横手。
糸を引くような伸びのある速球と横滑りする変化球を投げ込みます。
胸をしっかりと張って反発力を生かせているのが好印象です。

・打線
簡単には打ち取られる打者が少なく、投手としては苦労しそうな打線です。
変化球にもしっかりと目がついていっていますね。

・守備
問題なし。


<オールいわきクラブ>
・投手
小松 〜6回
常時セットポジションから、担ぐように勢いよく振りかぶってから鋭く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打者に的を絞らせない投球が持ち味のようです。
ストンと落ちる変化球がウイニングショットですね。

・打線
パワーヒッターが多い感じで、力強い打球が多かったです。

・守備
見た範囲では問題なし。
失策数は2つでした。

posted by ティト at 22:41| 岩手 ☀| Comment(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]