2018年05月26日

5月26日 高校野球観戦記 その2

5月26日

春の高校野球県大会準決勝 一関球場第2試合
専大北上 10−5 盛岡三

好機に安打をまとめてビッグイニングを作った専大北上が、粘る盛岡三の反撃を継投で凌いで逃げ切りました。

<専大北上>
・投手
高橋郁弥 1回〜7回途中
特長は先日記載のとおり。
速球主体で落差のある変化球でタイミングを外す投球を見せました。
鋭い変化球を習得して打者に粘られなくなる投球を目指してもらいたいと思います。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

松田佳一郎 7回途中〜9回
素早い体動から、スムーズに振りかぶってしなやかに腕を振り下ろす左打上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
パワーロスの少ないバランスの良いフォームで、スムーズにボールに力が伝わっているのが長所ですね。
制球も良く、安定感の高さも光りました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

打線
ファーストストライクを積極的に振りにいきました。
中盤に安打がつながってビッグイニングを作れたのが大きかったですね。
ストライクゾーンが広いこともあり、難しいボールを強引に安打にするような打撃になってしまったので、次戦に向けて修正が必要だと思います。

守備
捕球ミスや悪送球を連発してしまい、余計な失点があって追い上げられてしまったのが大きな反省材料でしょう。


<盛岡三>
・投手
上野正嗣 1回〜5回途中
特長は先日記載のとおり。
立ち上がりに先制された後はうまく打たせて取る投球を見せましたが、5回にやや球威が落ちてきたところを粘りきれなかった感じです。

岩渕航大 5回途中〜8回
ゆったりとした始動から、体の回転とともにしなやかに腕を振る右横手。
球威で押すタイプではありませんか、伸びのある速球と横滑り変化球で打たせて取る投球を見せました。
肘と手首が柔らかく球持ちの良さが特長の2年生です。

打線
終盤に相手のミスに乗じて点をもぎ取りましたが、もうひと押しができずにあと一歩届かなかった感じです。

守備
細かい捕球ミスや飛球の目測を誤る場面があり、余計な失点がありました。
ここぞのダイビングキャッチは見事でした。



posted by ティト at 23:57| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]