2018年05月26日

5月26日 高校野球観戦記 その1

5月26日

春の高校野球県大会準決勝 一関球場第1試合
花巻東 6−4 盛岡中央

小刻みに点を加えて優位に立った花巻東が、強打の盛岡中央の最終回の猛反撃を4点で凌いで逃げ切りました。

<花巻東>
・投手
田中大樹 1回〜9回途中
ゆったりとした始動から、上体をややひねってからスムーズに腕を振る左スリークォーター。
伸びのある速球と多彩な変化球を四隅に散らして的を絞らせない投球を見せました。
全力で投げるというよりは、8割位の力でボールの抑えを重視しているようでした。
センバツで見た時よりはフォームの機敏性が増していますが、管理人としては、もっと躍動感を意識して球威アップを目指してもらいたいと思っています。
今日は、持っている球種を惜しみなく使っての変幻自在さを発揮しましたが、完封目前で連打されてしまったのが反省材料でしょう。

伊藤翼 9回
常時セットポジションから、素早く体を回転させて鋭くしなやかに腕を振る右横手。
伸びのある速球と鋭く曲がる変化球をテンポ良く投げ込みます。
打者2人のみの登板でしたので、詳細観察はできませんでしたが、ボールには勢いがありました。
上体の回転に依存しているフォームですが、もっと蹴り足を生かしてダイナミックに投げられるようになれば、本格派サイドスローとしてさらに注目される投手に成長できると思います。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

打線
全国制覇を目指すチームとしては、迫力が不十分だとは思いますが、常に先を狙う走塁の抜け目のなさは素晴らしいです。
相手としては、走者を常に気にしなくてはならないので、プレッシャーは相当なものでしょう。
内野の頭を越すしぶとい安打で1点ずつもぎ取っていて、試合巧者ぶりはさすがだと思います。
注文をつけるとすれば、ここぞの長打でビッグイニングも狙えるように鍛えていただきたいです。

守備
問題なし。

佐藤千暁 捕手
矢のような鋭い送球が一際目を引きます。
走者の盗塁意欲を削ぐ強肩捕手ですね。


<盛岡中央>
・投手
高橋昇大 1回〜6回
特長は先日記載のとおり。
指先が捕手にしっかりと向かっている感じで、速球が糸を引くようにミットに吸い込まれていますね。
制球が良いので非常に安定感があります。

毛籐陸 7回〜9回途中
特長は先日記載のとおり。
肩肘が柔らかいうえに爆発的に腕を振ることができるので、資質は非常に高いですね。
もっと蹴り足を生かして体重移動を利用できるようになれば、球威はまだまだ増してくるでしょう。
今日は際どいコースが外れて余計な四球を出してしまいました。
変化球でストライクをポンポン取れるようになれば、そう簡単には打たれない投手に成長できると思います。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

古舘快 9回
担ぐように素早く振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球を見せました。
地肩が強そうですが、もっと胸を張って反発力を生かせるようになれば、ボールにウエートが乗ってさらに球威が増してくると思います。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

打線
積極的に振りにいく意識がうかがえましたが、的を絞りきれずに体勢が崩れてしまう場面が目立ちました。
ボールを引きつけようとしすぎてフルスイングできなかった感じです。
9回に連打で4点をもぎ取った粘りは、今後の進化につながっていくと思います。

下河原樹弥 左投左打
思いっきり引っ張ってライトスタンドへの2ランホームラン。
代打で見事なスイングを見せましたね。

守備
捕れそうな打球を安打にしてしまったのがもったいなかったですね。
細かい送球ミスや捕球ミスで相手走者を先の塁に進められてしまったのも反省材料でしょう。

posted by ティト at 23:46| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]