2018年05月21日

5月21日 高校野球観戦記 その3

5月21日

春の高校野球県大会2回戦 森山球場第3試合
専大北上 2−0 花巻南

両チームの投手が踏ん張り、なかなか点が入らない展開。
先制した後にガッチリと守って主導権を渡さなかった専大北上が、完封で接戦を制しました。

<専大北上>
・投手
高橋郁弥 先発完投
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作った後に担ぐように振りかぶって力強く腕を振る右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の返球で打者に的を絞らせない投球を見せました。
最後までイーブンペースで投げきりましたし、完投能力の高さを示しましたね。
速球の球速は、最速134kmの表示。

打線
押し気味に試合を進めましたが、好機をいまひとつモノにできなかった感じです。
ここぞの連打が次戦への課題でしょう。

齋藤大成 右投左打
綺麗に体が回転するスイングで捕らえた打球が、右中間スタンドに飛び込む先頭打者ホームランとなりました。

守備
問題なし。


<花巻南>
・投手
藤原桐真 1回〜4回
常時セットポジションからゆったりと始動し、重心を落としてタメを作ってからコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球との緩急で打者のタイミングを外す投球で見せました。
地区予選でも気になりましたが、手首をこねるように投げていて、そこがパワーロスにつながっているように見えました。
もっと胸を張る意識を持って肘の支点と反発力を生かせるようになれば、ボールにスムーズにパワーが伝わってグンと球威が増してくると思います。

千田健太朗 5回〜7回
常時セットポジションから、体の開きを抑えるようにグラブを抱え、素早く上体を回転させてコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差ある変化球で打たせて取る投球を見せました。
低めにボールが集まるナイスピッチングだったと思います。

川村京輔 8回
常時セットポジションから、重心を低く落としつつ上体の倒し込みを生かしてコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球をバランス良くミックスして打者に的を絞らせない投球が持ち味です。
あまりじっくりと見られませんでしたが、コントロールが良く、3人をピシャリと抑えました。
昨年から活躍して管理人も期待している投手の一人です。

打線
相手投手の緩急になかなかタイミングが合わないままイニングが進んでしまった印象です。

守備
細かい捕球ミスはありましたが、概ね問題なし。



posted by ティト at 22:46| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]