2018年05月21日

5月21日 高校野球観戦記 その2

5月21日

春の高校野球県大会2回戦 森山球場第2試合
花巻北 10−3 高田

花巻北のエース佐々木健投手の奪三振ショー。
不運な失点はあったものの、強豪高田を完璧に近い形で封じました。

<花巻北>
・投手
佐々木健 先発完投
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作った後にスムーズに体重移動しながら勢いよく鋭く腕を振る右スリークォーター。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
パワーロスの少ないフォームで、運動エネルギーがしっかりとボールに伝わっているのが長所ですね。
スライダーのキレが抜群で、これがコーナーに決まれば、攻略は容易ではないと思います。
去年は完全な力投型でしたが、余力を残しながらここぞで力を込める投球術が身についていますね。
おそらく毎回三振を奪っていましたし、相当な三振数になったと思います。
管理人が特に期待している投手の一人で、順調に進化していて嬉しくなりました。
速球の球速は、最速139kmの表示。

打線
会心の当たり自体はほとんどなかったように思いますが、野手の間に落とすしぶとい安打を積み重ねました。
盗塁もしっかりと決めて好機を広げましたね。

守備
ワイルドピッチと振り逃げで失点した以外は、大きな乱れはありませんでした。
全体的に送球が緩く、ギリギリのプレーになったり、アウトにできるプレーを安打にしてしまう場面があったのが気になりました。
動いて捕ってビシッと投げる意識を持って次戦に備えていただきたいと思います。


<高田>
・投手
村上敏希 1回〜6回
常時セットポジションから、素早く振りかぶって勢いよく腕を振る左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
指先感覚に優れている感じで、抑えの効いたボールがしっかりと低めに決まっていました。
大崩れしそうにない勝てるタイプの投手だと思います。

黄川田諒海 7回
勢いよく足を上げ、蹴り足を生かしながら力強く腕を振る左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球との緩急で打者のタイミングを外す投球を見せました。
あまりじっくりと見られませんでしたが、全身を使って投げようという意識がうかがえる2年生です。

菅野友翔 7回途中〜9回
上下動の少ない体動から、肩を回すようなイメージで腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球主体に打たせて取る投球を見せました。
キャッチボールのように軽々と投げている感じですが、地肩の強さは一見してわかりますね。
躍動感をもっと意識し、ボールにウエートを乗せる感覚を会得できれば、球威はグンと増すと思います。

打線
相手投手の変化球に目がついていかない感じで、三振を多く喫してしまいました。
この時期に好投手と対戦できたことは貴重な経験ですので、今日の悔しさは夏への糧となるはずです。
9回に粘ってもぎ取った得点には意地がこもっていましたね。

守備
悪送球が続いての余計な失点がありました。
返球のミスで失点したり、捕れるはずのフライを取れない場面もあり、全体的に集中力を欠いてしまった印象です。

posted by ティト at 22:34| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]