2018年05月07日

5月6日 高校野球観戦記 その2

5月6日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第2試合
一関一 9−5 一関工 (延長12回)

両チームとも点を取り合うシーソーゲーム。
延長12回までもつれこんだ試合は、待球戦法で四球を多くもぎ取った一関一に軍配が上がりました。

<一関一>
・投手
門間渓介 1回〜2回途中
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動しながら鋭く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
しっかりと胸の張りを意識して反発力を生かせていますし、肘の支点も利用できており、欠点の少ないフォームが特長ですね。
筋力アップが球威アップに直結するタイプの楽しみな2年生です。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

齋藤和輝 2回途中〜7回
重心をグッと落としたセットポジションから、左肩で壁を作って体の開きを抑えつつ腕をしなやかに振る右スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者にフルスイングさせない投球を見せました。
腕が鞭のように振られて遅れて出てくるので、ボールの出どころが見づらく、かなり打ちづらい投手でしょう。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

小岩優介 8回〜12回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつ担ぐように振りかぶって力強く腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と緩急二種類の変化球で押す本格派タイプです。
軽々と投げている感じでも球威がありますし、余力はまだまだ十分でしょう。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

打線
じっくりとボールを見極めながら甘いコースを辛抱強く狙い打つスタイル。
際どいコースに容易には手を出してこないので、相手にとってはいやらしいスタイルですが、要所での見逃し三振が目立ったのは今後の課題でしょう。
今日の球審はストライクゾーンが狭く、待球戦法が功を奏しましたが、厳しいコースのストライクをどう捕らえるかを次戦への課題としていただきたいです。

守備
悪送球や、打球を後ろへ逸らすなどのイージーミスがありました。
全体的には軽快に動けていたように思います。


<一関工>
・投手
熊谷柊汰 1回〜6回
ゆったりとした始動から、円盤を投げるようにスムーズに体を回転させながらしなやかに腕を振る右横手。
伸びのある速球と横滑りする変化球をコーナーに投げ分けます。
ボールが低めに集まるので、非常に安定感があります。
もっと躍動感が出てくればますます楽しみです。

新田凜 7回
ゆったりとした始動から、手首を体の後ろに隠すようにひねってから勢い良く投げ込む左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で押す投球を見せました。
ボールの質自体はそれほど悪くなかったのですが、ボール先行の後にストライクを取りにいく甘いコースを狙い打たれてしまった印象です。

天笠蓮 8回〜12回
ゆったりとした始動から、しっかりと体を回転させてスムーズに腕を振る右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球を制球良く淡々と投げ込みます。
重心が安定して軸がブレないので、安定して力のあるボールが決まっていました。
大崩れしづらい勝てるタイプの投手だと思います。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

打線
全体的に振りが鋭く、迫力がありました。
凡打でも強い当たりが多かったです。
基本的にウエイトはせず、カウントに関わらずに好球必打を貫いてきますね。
ただし、フルスイングできないタイミングでも無理に合わせにいくようなバッティングが目立ったのは要改善でしょう。

守備
問題なし。

posted by ティト at 00:51| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]