2018年05月03日

5月2日 高校野球観戦記 その1

5月2日

春の高校野球沿岸南地区予選 住田球場第2試合
釜石 7−0 大槌 (8回コールド)

先制して中盤に突き放す展開を作った釜石が、堅い守りで大槌に得点を許しませんでした。

<釜石>
・投手
小笠原光星 先発完投
ゆったりとした始動から、上体をややひねって反発力を生かしながら勢い良く腕を振る右上手。
伸びのある速球主体に押す投球を見せました。
機敏性があって小気味の良さが持ち味ですね。
昨秋と比べて変化球が鋭くなっており、要所で三振を狙えると思います。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

打線
積極的に盗塁を仕掛け、押せ押せムードで攻め立てていました。
タイムリー安打がなかなか出なかったのが反省材料でしょうか。

守備
問題なし。


<大槌>
・投手
谷池功貴 1回〜6回途中
ゆったりとした始動から、上体の回転を生かしながらしなやかに腕を振る右横手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と横に曲がる変化球で打者のタイミングを外していました。
ナチュラルに動くボールでバットの芯を外す投球も持ち味のようです。
機敏性がやや不足していますが、肘と手首が柔らかく、球持ちが良いのが長所ですね。

植田基希 6回途中〜8回途中
ゆったりとした始動から、素早い体の回転を生かして鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
ストンと落ちる変化球が非常に有効で、これがコーナーに決まればかなり打ちづらいでしょう。
まだ線は細いですが、機敏で野球センスの良さそうな1年生です。

打線
好機はありましたが、相手投手の球威にやや押され、連打が出なかった感じです。

守備
全体的に出足が遅れる傾向があり、捕れそうな打球が安打になったり、アウトになってもギリギリのプレーになる場面が目立ちました。

posted by ティト at 00:51| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]