2018年04月30日

4月30日 高校野球観戦記 その1

4月30日

春の高校野球花巻地区予選 花巻球場第1試合
花北青雲 9−2 遠野 (8回コールド)

3回からの観戦です。
序盤に大量点を奪って優位に立った花北青雲が、中盤の遠野の反撃を2点に凌いでの快勝となりました。

<花北青雲>
・投手
工藤遼 〜7回
常時セットポジションから、体重をグッと落としてタメを作りつつ鋭くコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打たせて取る投球を見せました。
走者を出した後にやや制球を乱してしまったのが反省材料ですが、身のこなしがしなやかで野球センスの良さが見て取れました。
もっと大胆に体重移動を利用して躍動感をボールに乗せることができれば、球威はまだまだ増すと思います。

上條瑛滉 8回
常時セットポジションから、スムーズに体重移動しながらしなやかに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭い変化球をテンポ良く投げ込みます。
パワーロスの少ないバランスの良いフォームなので、筋力アップが球威アップに直結するタイプですし、今後の成長が楽しみな2年生ですね。

打線
好球必打で序盤に大量点を取りましたが、中盤以降はは難しいボールに手を出しての当たり損ねが多く、淡泊にイニングが進む場面が目立ってしまった印象です。

宮川颯斗 左投左打
速球を思いっきり引っ張ってライトスタンドへライナー性のホームランを放ちました。

守備
待って捕ろうとしての細かい捕球ミスが多く、余計な失点がありました。


<遠野>
・投手
畑山太亮 〜3回途中
ゆったりとした始動から、素早く振りかぶって力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球主体に打たせて取る投球が持ち味のようです。
あまり長く見られませんでしたが、胸の張りを意識できているのが好印象の2年生です。

佐々木千宙 3回途中〜8回途中
常時セットポジションから、担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、重そうな速球と落差のある変化球をバランス良くミックスして打たせて取る投球を見せました。
機敏性はやや不足していますが、上体の倒し込みを利用してボールにウエートを乗せられているのは長所ですね。

打線
好機は頻繁に作りましたが、ここぞでたたみかけることができずにビッグイニングとはなりませんでした。

守備
捕球ミスや悪送球で余計な失点やピンチを広げる場面がありました。
序盤の大量失点が非常に痛かったですね。

posted by ティト at 22:44| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]